SUSTAINABILITY REPORT 2016
LOTTE
CSRトップ

トップメッセージ

サステナビリティにおいてロッテが大切にしていること

来る2018年に、ロッテグループは創業70周年を迎えます。ロッテグループは創業以来、甘味や子ども向けのお菓子にとどまることなく、歯を丈夫で健康に保つキシリトールガムや、生きた乳酸菌が摂取できるチョコレートなど、現代社会において人々の生活に貢献できる価値を提供し続けてまいりました。

企業理念である、「私たちはみなさまから愛され、信頼される、よりよい製品やサービスを提供し、世界中の人々の豊かなくらしに貢献します。」というグループミッションと、大切にすべき価値である「ユーザーオリエンテッド、オリジナリティ、クオリティ」という3つのロッテバリューを追求し続けることが、あらゆる事業活動の基本となっています。

これからも企業理念のもと、持続可能な社会の実現に向けて、品質の安全・安心を守ること、食と健康にかかわる新たな価値を積極的に提供し続けること、自然環境や地域社会と共生すること、そして、お客様を初めとする多様なステークホルダーと適切に関わることを大切にして、事業活動を行ってまいります。

安心・安全の徹底

これまでロッテグループは企業理念のもと、あらゆる製品・サービスにおいて最上の品質にこだわり、安心・安全を徹底してまいりました。2015年には、ロッテグループにおける食の安全・安心を、統一した見解に基づき包括的に推進する部署として、品質保証部を設立し、より一層の安心・安全の徹底に努めております。また、ロッテグループの品質へのこだわりは、安心・安全はもちろんのこと、「おいしさ」、「たのしさ」、「やすらぎ」を提供することで、社会の豊かさの向上に貢献することです。

食と健康への取り組み「ロッテノベーション」

ロッテグループは企業理念に基づいた事業活動を通じて、食によって人々が心身ともに健康であり続けられる社会の実現に向けて、積極的に取り組んでまいります。こうした考えのもとで進めているのが「ロッテノベーション」です。「ロッテノベーション」はお菓子にイノベーションを起こし、人々の食と健康に貢献していくことを目指しています。

例えば、2015年に発売した「スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ」や「キシリトールオーラテクトガム」は、これまでのチョコやガムになかった新しい価値を実現した製品です。「スイーツデイズ 乳酸菌ショコラ」は乳酸菌をチョコで包み腸まで届きやすくする独自製法によって、乳酸菌をいつでもどこでも手軽に摂るというスタイルを生み出しました。また、「キシリトールオーラテクトガム」は、ユーカリ抽出物を配合することで、嗜好品としてのガムに「歯ぐきの健康を保つ」という機能を付加しました。

自然環境や地域社会との共生

ロッテグループは自然の恩恵を受けて成長し、地域社会の一員として成り立っていることをよく理解し、グローバルにおいて自然環境や地域社会と共存し共栄していく責務があると認識しています。ロッテグループの各工場では、環境マネジメントシステムの国際規格「ISO14001」に準じた活動を通じて、環境負荷の低減に努めています。また、グローバル企業として成長・発展していくためには、日本国内にとどまらず、海外のグループ会社や地域社会においても文化や慣習に配慮した事業活動に取り組んでまいります。

コーポレートガバナンスの徹底とコンプライアンスの遵守

ロッテグループは、お客様、お取引先、従業員など多様なステークホルダーに対して、常に謙虚であり、対話を心掛け、公明正大な企業活動を行ってまいります。ステークホルダーのみなさまから信頼される企業であり続けるためには、健全で誠実な企業経営の継続が不可欠です。私たちは、これからも企業統治体制の整備を進め、透明性の高い企業経営に努めていきます。

また、ステークホルダーである従業員一人ひとりが働き甲斐をもって、いきいきと活躍できる環境を整えることが、ロッテグループの企業価値向上の源泉だと考えます。そこで、「いきいき活躍推進室」を設置し、多様な社員の価値観を尊重し、年齢・国籍・性別を問わず、それぞれの能力を最大限に発揮するための仕組みや制度づくりを推進していきます。

私たちロッテグループは企業理念に基づいた事業活動を通じて、これからも持続可能な社会の実現を目指してまいります。本レポートでは、これらサステナビリティに関するさまざまな活動を報告しております。ぜひご覧いただき、忌憚のないご意見をいただければ幸いです。

  • PAGE TOP