ロッテは、原材料調達から販売に至るまで、企業活動の中で国際社会と多くの接点を持っています。
国際社会で活動を行う企業市民の一員として、様々な国際貢献活動に取り組んでいます。

活動一覧
公益財団法人 ロッテ財団

本財団は、わが国の大学及び大学院等で学ぶ、
主としてアジアからの留学生に対して支援等を行う事により、
諸国間の友好親善、国際交流及び人材の育成に寄与することを目的とします。

さらに、将来、国際的に活躍する可能性を秘めた、
優秀で志の高い若手研究者を対象に支援等を行うことにより、
国民生活文化の向上と学術研究の発展に寄与することを二つの柱として、社会貢献に取組んでいます。

公益財団法人 ロッテ財団

公益財団法人 ロッテ財団ホームページはこちらから

ページ先頭へ

世界カカオ財団(WCF)

チョコレートの原料である「カカオ豆」を生産するカカオ農家を積極的に支援すべく、世界カカオ財団(World Cocoa Foundation)に加盟しています。

世界カカオ財団は、カカオ農家の支援を目的として2000年にアメリカにて設立されたNPO法人です。
現在、世界の主要チョコレートメーカーが加盟し、赤道直下のカカオ栽培地域にて、カカオ農家の技術支援や、過酷な児童労働のない社会の実現を目指した活動に取り組んでいます。

ページ先頭へ

ガーナ共和国へのジョイセフ活動支援

ジョイセフ(家族計画国際協力財団)は、 ひとりでも多くの女性と、お母さんたちが自ら健康でしあわせな生活を送れるために、支援活動を行っています。
「お母さんを笑顔にする活動」の一環として、日本の放置自転車を再生し途上国に送ることで、救急車代わりの『命を救う足』として活用されています。ロッテでは、2008年から毎年、ガーナ共和国への再生自転車約1トン(200台分)の寄贈を支援しています。診療所が不足している現地の村に届けられた再生自転車は、保健推進員や助産師が利用し、妊産婦の診療所への搬送や家庭訪問による健康教育などに用いられます。

ページ先頭へ

国連WFP支援(学校給食プログラム)

ロッテは、国際連合世界食糧計画WFP協会(国連WFP)の「レッドカップキャンペーン」に参加し、国連WFPがガーナ共和国で行う、学校給食プログラムを支援しています。

詳しくはこちら

ページ先頭へ

環境への取り組み
ガーナ共和国への官民連携「草の根・人間の安全保障無償資金協力」(カカオ豆原産国の医療施設への支援)

日本政府による「草の根・人間の安全保障無償資金協力」を活用し、在ガーナ大使館やガーナ共和国アスナフォ北市と協力して、同市のドミナセ地域に保健施設の建設を計画し、同施設で使用する医療器材等の資金提供を2012年に行いました。ドミナセ地域は都市部から遠隔地にあり、医療施設がなかったため、地域保健施設が必要とされていました。
ロッテは従来より同地域のカカオ豆を調達しており、カカオ農民など、住民の生活向上に貢献したいという思いにより支援が実現いたしました。

カカオ豆原産国の医療施設への支援

ページ先頭へ

CM紹介
Loading