OPP袋(おーぴーぴーぶくろ)
透明度が良く、つやがありパリパリとしたビニール製の袋で、柄入りのかわいい袋も多く出ていて、サイズも豊富です。
オーブンペーパー(おーぷんぺーぱー)
型や天板に敷いて使用する紙のこと。焼き型は素材によっては、紙を敷かなくても大丈夫なものもありますが、天板に直接生地をのせる時はほとんどの場合、紙を敷きます。
他にコルネをつくる場合に使ったり、チョコレートを固める時にも下に敷いて使います。
一般的な使い捨ての他に、洗って何度も使えるタイプがあります。
(左)何度も使えるタイプ
(右)使い捨ての紙のタイプ
おつまみ用ナッツ(アーモンド)(おつまみようなっつ(あーもんど))
油で揚げたりローストして塩味などがついているもの(何も味がついていないものもある)。自分でローストして使う製菓用と違い、そのまま使えるので便利ですが、開封すると酸化しやすいので早めに使いきりましょう。
重し(おもし)
パイやタルトの生地をから焼きする時に、平らに焼くために生地の上にのせるもの。オーブンペーパーやアルミホイルを敷いた上にのせて使います。アルミ製のものが一般的です。
重しがない場合は、乾燥の小豆をのせて焼きましょう。
オランジェット(おらんじぇっと)
オレンジピールを細く切り、チョコレートでコーティングしたお菓子。2/3位をコーティングしたものや、全体をコーティングしたものにココアをまぶしたものなどいろいろあります。オレンジの酸味と、チョコの苦みの相性がとてもよい、定番のチョコスイーツです。
オランジェットのレシピをみる
オレンジピール(おれんじぴーる)
オレンジの皮を甘いシロップで煮たもの。透明感があり、オレンジの香りと軽いほろ苦さが感じられる。バターケーキに混ぜて焼いたり、トッピングにも使います。チョコレートとの相性はとてもよいです。
同様に、レモンの皮でできたものをレモンピールと言います。すっきりとした甘さで、オレンジよりも苦みがあります。
(左)オレンジピール
(右)レモンピール
オレンジリキュール(おれんじりきゅーる)
温度計(おんどけい)
細かい温度管理が必要なレシピには温度計を使います。お菓子づくり専用の温度計があります。チョコレートのテンパリングの時には100℃まで計れるもので十分です。
シロップを煮詰める際には200℃までのものが必要です。本格的にお菓子づくりをしたい方はぜひこちらを。