ボウル(ぼうる)
材料を混ぜたり、泡立てたりするための道具。小さいものは計量にも使えます。
材料を全て入れて、十分に混ぜられる大きさのものを選びましょう。大中小と3サイズ位あると便利です。軽くて丈夫なステンレス製のものは、熱伝導もよいのでおすすめです

耐熱性のボウル:熱を加えても形が変わらず、安定している素材のボウルのこと。ステンレスやホーローなどの金属性のものや、ガラス、最近ではシリコン素材のものがあります。レシピ中に出てきた時は「電子レンジ」で加熱する場合が多く、「耐熱性ガラス」のものが適しています。金属性のものは電子レンジはNGです。
耐熱温度の低いガラスボウルやプラスチックボウルは割れたり、変形したりするので、説明書の耐熱温度を確認してから使いましょう。

ステンレス製のボウル

耐熱性のボウル
星形口金(ほしがたくちがね)
保存袋(ほぞんぶくろ)
ジッパー付きのポリエチレン袋。普通のビニール袋よりも厚手で、破れにくく、においもつきにくいです。ジッパーはしっかりと閉まるので、液体を入れても漏れにくいのが特長です。冷凍用と冷蔵用があるので、用途によって使い分けましょう。
ホットケーキミックス(ほっとけーきみっくす)
小麦粉にベーキングパウダー、砂糖、油脂などをミックスした粉。これに牛乳や卵を加えるだけで、ホットケーキを簡単においしくつくることができます。
メーカーによって配合は多少違いますが、ホットケーキだけではなく、クレープ、ドーナツ、カップケーキやクッキーなどいろいろなものをつくることができる、便利な粉です。


チョコバナナクレープのレシピをみる
ガーナクレープアイスのレシピをみる
チョコレートパンケーキのレシピをみる
ポップオーバー(ぽっぷおーばー)
卵と小麦粉、牛乳などを混ぜてオーブンで焼いた、シュー生地のようなお菓子。
ぷく~っと大きく膨らむのが特徴。外はさくさく、中はもっちり。甘みが少ないので、クリームやフルーツを添えていただきます。
ガーナポップオーバーのレシピをみる
保冷剤、保冷バッグ(ほれいざい、ほれいぱっく)
手づくりスイーツが溶けたり悪くなったりしないよう、低温に保つために使われます。
冷凍庫で凍らせて使用するものが一般的です。

保冷バッグは、密封して外気を遮断するなどし、バッグの中を低温に保つもので、
保冷剤を入れて使用する場合が多いです。
ガナッシュや生チョコなど、特に溶けやすいものには保冷剤を入れた保冷バッグを使用すると安心です。

保冷剤

保冷バッグ
ボンボンショコラ(ぼんぼんしょこら)
チョコレートでコーティングをした、一口サイズのチョコレートの総称です。「ボンボン」の「bon」はフランス語で「おいしい」という意味。国によって呼び方が違い、英語では「チョコレートボンボン」、ドイツやスイス、ベルギーでは「プラリネ」と呼ばれています。正確には、トリュフや型を使った一口チョコレートもこれに含まれます。
中身はガナッシュの他に、果汁を固めたものや、キャラメルのようなものなど様々です。
ボンボンショコラのレシピをみる