クーリッシュ(くーりっしゅ)
くし形切り(くしがたぎり)
玉ねぎやトマト、じゃがいもなど丸い食材を縦に放射状に切る切り方。くしの形に似ているのでこのように呼ばれています。まず、縦半分に切り、切り口を下にして、もしくは切り口の中心から斜めに包丁を入れ、4~8等分に切っていきます。
チキンと野菜のフライ ガーナチリディップのレシピをみる
口金(くちがね)
絞り袋の先に口金をセットして使います。ケーキをクリームでデコレーションする時はもちろん、やわらかい生地を絞り出したり、シューにクリームを詰めたりする時など、お菓子をつくる工程でもよく使います。
口金は様々な形がありますが、よく使われる丸形と星形の口金があると便利です。絞り袋は使いきりのビニール製のものもありますが、ナイロンや布製のものは洗って繰り返し使えます。使うほどに手になじんでくるので使いやすい一枚を見つけましょう。中までしっかりと洗い、乾かしてからしまいましょう。

モンブラン用の口金:モンブランのクリームを絞る用の口金。小さい穴がたくさん空いているので、一度に数本絞ることができる。モンブランの仕上げには欠かせないアイテム。他のケーキの仕上げにも使えるので、一つあると便利。

(左)丸口金(右)星形口金

モンブラン用の口金
グミ(ぐみ)
果汁などの液体をゼラチンで固めたもので、ドイツ語で「ゴム」を意味するお菓子。ゼラチンの量が多めなので、弾力のあるゴムのような食感になります。元々は子供の噛む力を強くし、歯の病気を防ぐ目的でつくられましたが、近年はコラーゲンを多く含むお菓子として注目され、美容にもよいと言われています。
ガーナdeグミのレシピをみる
グラシン紙・グラシンカップ(ぐらしんし・ぐらしんかっぷ)
グラシン紙はオーブンペーパーと同じ素材で、マフィンなどの焼き菓子やチョコレートの敷き紙として使ったり、ラッピングに使ったりします。
また、グラシン紙でつくられたグラシンカップというものもあり、大きさや色や柄など、さまざまなバリエーションがあり、お菓子づくりを楽しく演出してくれます。
グラニテ(ぐらにて)
かき氷のような冷たいデザート。凍らせた果汁やシロップを、フォークなどで細かく削ってつくる簡単なアイス。
シャーベットやソルベよりも氷のつぶが荒く、シャリシャリした食感が特長です。
ショコラカフェ・グラニテのレシピをみる
グラハムクッキー(ぐらはむくっきー)
小麦の皮、胚芽などを取り除かずに粉にした、全粒粉を加えてつくったクッキー。ほんのりと甘みがあり、香ばしく、素朴な味。栄養も豊富。そのまま食べるほか、お菓子の材料としては、砕いてチーズケーキやタルトの土台に使います。
クラフティ(くらふてぃ)
卵、牛乳、砂糖などを合わせてつくったクレープ生地のようなものの中に、さくらんぼなど季節の果物を入れて焼いたお菓子。プリンに似た、フランスのリムーザン地方の家庭菓子。焼き立ての熱々でも冷蔵庫で冷やしてもおいしいです。
洋梨のダブルチョコレートクラフティのレシピをみる
クラム(くらむ)
スポンジケーキやクッキーなどを細かく砕き、バターなどを加えた、そぼろ状の生地のこと。素朴なバターケーキのトッピングなどによく使われます。のせて焼くと「カリッ」とした食感が楽しめます。
バターと粉などを合わせてつくる、ほろほろとしたクッキー生地のようなものもクラムと呼ばれます。
ガーナクラムボールのレシピをみる
クランキーチョコレート(くらんきーちょこれーと)
クランキービスケット(くらんきーびすけっと)
クランキービター(くらんきーびたー)
クリーム状(くりーむじょう)
材料全体がやわらかく、クリームのようになめらかな状態のこと。バターに砂糖を加えて混ぜるときや、カスタードクリームを煮あげるときなど、レシピ中によく出てくる言葉。泡立て器を使って混ぜ、全体につやのある状態を目指しましょう。
クリームチーズ(くりーむちーず)
グリーンカレーペースト(ぐりーんかれーぺーすと)
唐辛子をすりつぶし、香辛料やハーブなどを加えてペースト状にしたもの。これにココナッツミルク、ナンプラー、野菜や肉を加えて煮るとグリーンカレーになります。本場タイではフレッシュなものをすりつぶしてつくりますが、もっと手軽につくれるようにしたのがこちらです。緑色は青唐辛子を使っているから。一見辛そうに見えないですが、辛みはかなり強い。レッドカレーペーストよりは若干マイルドですが、辛いものが苦手な人は注意が必要です。
レッドカレーペーストをみる
タイ風ガーナカレー&チョコライスのレシピをみる
栗の甘露煮(くりのかんろに)
栗の皮をむき、茹でて、砂糖や水を加えて甘く煮たもの。一般的に瓶詰めで販売されています。和菓子に使うイメージですが、チョコレートとの相性もとてもよく、ガトーショコラに加えたり、チョコレートモンブランの中身に使ったりします。
チョコレートモンブランのレシピをみる
くるみ(くるみ)
クローブ(くろーぶ)
クローブはスパイスの一種で、丁字(チョウジ)とも呼ばれています。甘く刺激的な香りで、シナモンと相性がよく、パウンドケーキなどに一緒に使われることがあります。パウダー状のものもありますが、香りが強いので入れ過ぎには注意しましょう。
八角はその形から「スターアニス」とも言われています。独特の甘い香りと、ほのかな苦みがあります。果物のコンポートやパウンドケーキに使うと、エキゾチック風味になります。どちらもスーパーの中華食材やスパイスのコーナーにあります。
(左)クローブ(右)八角