ロッテの教育・研修制度は、社員一人ひとりが個性や能力を最大限に発揮し、活き活きと働くことを目的としています。研修は時に、何かを学び、得るだけではなく、社員の意識や行動までをも変えるきっかけとなります。

そのため、主体的な意識を持って能力を開発しようとする社員、自己の成長にチャレンジする社員には、惜しみなく支援をしていきます。さまざまな教育プログラムや研修制度が社員の手助けとなり、お客様からの信頼獲得や会社の成長へとつなげることができると考えています。

ビジネスは、正解のある学校教育とは異なり、明確な正解がありません。そんな「正解のない」ビジネスの世界で中心となって活躍するために、新入社員研修をはじめとして、入社3年目まで毎年研修を実施しています。このプログラムによって、仕事をする上で土台となる能力をしっかりと身につけます。

新入社員研修では、社会人としてのビジネスマナーやロッテに関する知識など、これから仕事をしていく上での基本を学びます。単なる知識を頭に入れることだけが目的ではなく、この研修を通じて「働くとはどういうことなのか」「何のために仕事をするのか」「どうなりたいのか」を考えるきっかけにします。

(研修内容)
・各部署説明
・ビジネスマナー研修
・営業同行
・工場見学(お菓子の試食)
・千葉ロッテマリーンズ観戦
・ガム清掃ボランティア
・合宿研修  など

新入社員研修後は、各配属先において、上司や先輩の指導で実践能力を磨きます。 入社1年目にはステップアップ研修と1年次研修があり、短期間で自分たちがどれくらい成長できたのかを実感できます。

3年目まで毎年研修を受講し、コミュニケーションや問題解決など、仕事をする上で基盤となる幅広い能力を身につけ、スキルアップすることができます。
また、職種が異なる同期が集まりますので、日頃聞くことができない情報を得られる貴重な機会にもなります。

自分のキャリアを考え、その実現のために意欲的に学ぼうとする社員に対し、自分で受けたいテーマを選択して参加できる「チャレンジスクール」を開講しています。マーケティング、アカウンティング、プレゼンテーションなどの実践的なクラスに自由に参加できます。

応募者の中から選抜された研修生は、国内研修による経営感覚・語学の修得を経て、現地研修に臨みます。現地研修では、人々の生活習慣や現地文化を体感しながら、各国の事業環境・市場を研究するという貴重な経験を積むことができます。

グローバル人材に求められる基本的なマインド、知識、スキルを体系的に修得することができ、また国内外で活躍するために必要な経営管理スキルを身につけることができます。具体的には異文化理解や戦略、マーケティングなどに関する座学や、ディスカッションやプレゼンテーションを通して、多角的な視点で物事を捉えることを学びます。

社員の自己啓発・能力開発支援のために、通信教育制度を導入しています。一般ビジネススキル、営業や生産などの職能別スキル、語学、PC、資格取得など、多岐に渡る分野から100以上の講座を取り揃えています。自己のレベルアップのため、毎年多くの社員がチャレンジしています。修了した社員には、会社から補助金を支給しています。

社内に講師を招いての研修と、語学スクールに通学する2種類の研修を実施しています。 語学力の向上は自助努力が必要不可欠です。そのための支援の一つとして、自己の英語レベルを把握する為、毎年TOEIC社内テストを実施しています。また、海外赴任者には集中的にマンツーマンの語学研修を行っています。

CM紹介
Loading