食の安全・安心SAFETY

サステナビリティトップ

基本的な考え方

製品づくりにあたっては、安全・安心で高品質であることはもちろん、「楽しさ」「おいしさ」「やすらぎ」の付加価値が感じられることも不可欠であると考えています。それらすべてを私たちの実現すべき「品質」であるとみなし、全従業員で品質の向上に取り組んでいます。

品質方針・食品安全方針

更なる品質向上

すでに、国内外のすべての工場でGFSI※1承認スキーム(FSSC22000※2/BRC※3)認証を取得しています。世界70か国の流通・食品大手約400社が組織したTCGF(The Consumer Goods Forum)が運営するGFSIが承認している規格で、HACCPに基づくISO22000に追加要求事項を加え、更にフードディフェンスなど食品安全対策についても定めた世界標準の食品安全規格です。今後、更なる品質の向上と情報発信をめざし、独自の新品質保証システムLOTTE ADVANCE(ロッテアドバンス)を構築・運用していきます。

※1GFSI:世界食品安全イニシアチブ(Global Food Safety Initiative)の略。食品安全システムの継続的改善を目的に2000年5月に設立された国際的な非営利団体。
※2FSSC22000:食品安全マネジメントシステムに関する国際規格であるISO 22000 を追加要求事項で補強した世界標準の食品安全規格。
※3BRC:英国小売業協会(British Retail Consortium)の略。同協会が食品安全のための第三者認証のスキームを運用している。

中期目標

2023年までに独自の新品質保証システムLOTTE ADVANCE(ロッテアドバンス)を構築し、国内外全ての工場に展開します。

LOTTE ADVANCE

現在構築中の新品質保証システムLOTTE ADVANCEは、すでに取得している国際的な食品安全認証であるGFSI承認スキーム(FSSC22000/BRC)認証をベースに、品質マネジメントシステムの国際規格であるISO9001の設計開発システムの考え方と、独自の高い品質や安全のルールを取り入れています。製品の設計開発の段階から食品安全に関するリスクを評価するシステムを導入し、サプライチェーン全体でこれまで以上に幅広い視点でリスク低減に取り組みます。さらに、地域や製造している品目によって異なっていた品質や安全のルールも高いレベルでの統一を行います。
LOTTE ADVANCEは、品質方針および食品安全方針とそれに紐付く規程および、グループ全体に適応されるグループ共通基準、㈱ロッテおよび子会社ごとの具体的なルールなどを定めたガイドラインや標準書などによって構成されています。㈱ロッテ品質保証本部が中心となり、子会社を含めた整備を進めていきます。

ISO9001:一貫した製品・サービスを提供し、顧客満足を向上させるための品質マネジメントシステムに関する国際規格。

LOTTE ADVANCE

LOTTE ADVANCEの構成

LOTTE ADVANCEの構成

LOTTE ADVANCEの文章体系

LOTTE ADVANCE LOTTE ADVANCEの文章体系 下からピラミッド画像 グループ会社のガイドライン・標準書等、グループ共通基準、規程、ロッテポリシー(品質方針・ 食品安全方針) 、企業理念 ロッテグループウェイ、LOTTE ADVANCEの構成 ロッテ独自のルール 設計開発システム ISO9001の考え方 + 食品安全認証システム FSSC22000/BRC(GFSI認証)

動物実験に関する考え方

私たちは、社会に対して説明責任を果たす必要がある場合、適切な代替試験方法がない場合、又は、法規制上或いは行政から求められる場合等を除き、外部委託も含めて動物実験は行いません。やむを得ず動物実験を行う場合は、関連する法令や指針等に則り、3Rの原則を遵守します。

Replacement(代替法の利用)、Reduction(動物利用数の削減)、Refinement(苦痛の軽減)

サステナビリティ