食と健康WELLNESS

サステナビリティトップ

基本的な考え方

私たちは、創業以来培ってきた知見や技術を活かし、地域や社会に新たな価値を提供することで、成長し続けてきました。例えば、1997年発売のキシリトールガムは、「歯を丈夫で健康に保つ」という新しい健康価値を生み出し、社会に貢献してきました。引き続き、身体はもちろん、心の健康にも役立つ商品の研究・開発や情報発信・啓発活動に注力し、私たちが大切にしてきたおいしさを軸に、食で健康価値を提供し、社会課題の解決に貢献していきます。

健康:「噛むこと」

ガムで創業した私たちは、長年「噛むこと」について研究を重ねてきました。「噛むこと」は食をつかさどる基本的な身体機能であると同時に、脳や心、身体にまで多大な影響を及ぼしていることが明らかになっています。「噛むこと」の重要性や研究成果の発信を通じて、「噛むこと」を普及させ、人々の豊かな生活に貢献できるよう取り組んでいきます。

中期目標

健康:「噛むこと」 中期目標

実績 「噛むこと」を意識して実践している人の割合(国内)

2019年5月調査 22%
2020年7月調査 21%
3,000人を対象としたインターネット調査(ロッテ調べ)

噛むこと研究部

私たちは、戦後にガムで創業し、今日まで「噛むこと」についての研究を重ねてまいりました。現在では、その研究と成果発信を専門に行う「噛むこと研究部」を設立して「噛むこと」の普及に取り組んでいます。また、2018年度より「噛むこと」と全身の健康について研究を行う「噛むこと健康研究会」を発足しました。歯学だけでなく、医学や栄養学、スポーツ学など異分野の研究者が協力して「噛むこと」について多面的に研究する新たな試みです。

噛むこと健康研究会
KAMUKAOTO研究部

健康:歯と口の健康

チューインガムで創業した私たちは、歯と口の健康について長年研究を重ねてきました。1970年代には、フィンランドで歯の健康に役立てられていたキシリトールに着目し、研究を始めました。1997年にキシリトールが日本で食品添加物として認可されるといち早く製品化し、広くお客様にお届けすることで、「むし歯のない社会へ」という社会課題の解決に貢献してきました。今後もキシリトールが歯と口の健康に与える良い影響についての研究と普及を通して、人々の豊かな生活に貢献していきます。

中期目標

私たちは、2028年度までに国内で歯と口の健康のためにキシリトールを生活に取り入れている人の割合を50%以上に拡大することを掲げています。

健康:歯と口の健康 中期目標

実績 歯と口の健康のためにキシリトールを生活に取り入れている人の割合(国内)

2020年7月調査 32%
3,000人を対象としたインターネット調査(ロッテ調べ)

健康:製品を通じた貢献

健康意識の向上や少子高齢化、食生活の多様化といった社会変化を背景に、「おいしい」だけでなく「体にいい」ものを「手軽に」摂りたいという消費者ニーズが高まっています。創業以来培ってきた知見や技術を活かし、新しい健康価値を持つ製品を開発することで、お客様の健康な生活へ貢献していきます。

中期目標

2023年度までに国内で販売する製品を通じて年間3,456万人以上の人々の健康な生活に貢献すること、さらにその後も拡大させることを目標に掲げています。

対象ブランド(キシリトール、機能性表示食品、のど飴、ZERO、乳酸菌ショコラ、ポリフェノールショコラ他)のSCI購入率(期間累積)×日本国民人口

健康:製品を通じた貢献 中期目標

実績 健康な生活への貢献

2018年度  2,530万人
2019年度  2,436万人

ロッテノベーション

健康意識の向上や少子高齢化、食生活の多様化といった社会変化を背景に、「おいしい」だけでなく「体にいい」ものを「手軽に」摂りたいという消費者ニーズが高まっています。私たちは、食における新しい健康価値を持つ製品でこれらのニーズに応え、社会課題の解決に貢献するイノベーション̶「ロッテノベーション」を積極的に推進しています。

食育

食は健康の源と考え、正しい食に関する知識や理解を深める食育活動に取り組んでいきます。工場見学や手作り教室、出張授業など様々な機会で、健康な食生活に役立つプログラムを参加者に合わせて分かりやすく提供していきます。

中期目標

2023年度までに食育体験者を年間10万人以上に、さらに2028年度までに年間15万人以上に拡大することを目標に掲げています。

食育 中間目標

実績 食育体験者数

2017年度 3.7万人(うち工場見学3.2万人)
2018年度 5.0万人(うち工場見学3.6万人)
2019年度 6.3万人(うち工場見学3.6万人)
集計対象:㈱ロッテ(工場見学、食育セミナー、教材提供の体験者合計)

サステナビリティ