基本テクニック

泡だて器のちがい

泡だて器には用途によって違いがあります。
ワイヤーの輪の大きさが不揃いで、たくさんあるものは空気をたっぷり含むから、泡立てる作業にぴったり。
輪の大きさが同じで、輪の本数が少ないものは混ぜ合わせる作業に向いています。

Search他の基本テクニック