entry category about
CONTENTS CATEGORY ABOUT
綾野剛さん

近年、映画やドラマの主演作が目白押しの綾野剛さん。一瞬で見る人を物語の世界へ引き込む演技力を武器に飛躍を続けています。昨今のエンターテインメントについて、業界を支える俳優の一人として、語ってもらいました。

撮影現場は自分が帰る場所

——綾野剛さんは、2003年のテレビドラマ『仮面ライダー555』で俳優としてデビューされました。このドラマ出演がきっかけで俳優になる決意をされたそうですが、その一番の理由は何だったのでしょうか?

監督の石田秀範さんに出会ったことです。演技が何かもよく分かっていない若い僕にも真摯(しんし)に向き合ってくださり、ものすごい熱量を持って仕事をしている姿を拝見し、作品づくりに参加したい、チームの一員になりたいと思いました。

——作品ごとに新しい綾野さんを見せてくださるような気がしますが、役作りはどのようにされていらっしゃるのでしょうか。

紆余(うよ)曲折あり、最終的には直感です。

——直感、ですか?

はい。撮影に入ってから現場で芽生える感情はどこからくるのかを考えると、僕の場合は、限りなく直感に近い。その直感は、降ってくるのではなく、現場から吸い上げるように下から上がってくるというか。これまでいろいろな役作りを試してきましたが、最終的に頼れるのはそうした直感なのかな、と。たとえば、映画『ヤクザと家族 The Family』では、20年の歳月を描いているのですが、時が変わるのを “どう芝居で変えようか”とは一瞬も考えなかった。それより、現場で感じた直感と各部署を信じて山本を生きた、という気がします。「親父」の眼差しを受けるだけで十分だと思って。自分で作っていった感覚はほとんどありません。

——なるほど。綾野さんの場合は、「演じる」というより、与えられた役を「生きる」と表現したほうがいいのかもしれませんね。では、綾野さんが俳優として大切にしていることを教えてください。

「総合芸術」であることを意識することでしょうか。僕が所属しているのは、言うなれば「俳優部」。そのほかにも多くの部署が存在していて、各部署が持てる力を発揮して一つの作品を作っている。ですから、それぞれの部署が持つ芸術性を作品に投影させていくことが大事なんじゃないかと。難しいことですが、全部署が輝ける方法を模索してこそいい作品が作れるのではと思います。もっとかみ砕いて言うとしたら、手と手を合わせ“心の密”になって一緒に作るということでしょうか。

——勝手ながら画面を通して拝見する綾野さんに「常に全力投球な方」といったイメージを抱いています。モチベーション維持は大変だと思うのですが、ご自身を奮いたたせているものは何だと思いますか?

「愛」です。現場から感じる愛に動かされているというか。現場は自分が帰る場所。現場に行くときは、「ただいま」、撮影を終え、自宅に帰るときは、現場から「行ってらっしゃい」と言われている気がします。生きているなと実感できる場所であり、生きる権利を与えてもらっている気がします。

——先ほどお話しされていたように、“各部署の方々”とアイデアを出し合いながら制作に当たれる現場は、自然と全身全霊を傾けられる、かけがえのない場所なのですね。

そうですね。俳優のなかには、自分の引き出しだけで形にできる人もいて、すごいなと思うのですが、自分にはそれができません。僕にできるのは、初めて出会う方や、これまでご一緒した方々と作業しながら、今までにない自分を発見し続けることなんです。僕という人間の場合、可能性は誰かとの関わりの中でしか生まれない、それぞれの可能性を形にできる現場にすることが大事なんじゃないかと。それでこそ、未来を豊かにするエンターテインメントが作れるのだと思います。

——長引くコロナ禍でエンターテインメント業界にも多大な影響があるかと思います。未来に向けたお考えがあればお聞かせください。

ずっと言い続けていることなのですが、「どんなときでもエンターテインメントを届けるためにはどうしたらいいか」を考え続けなければいけないと思うんです。たとえば、世の中から映画だけでなく、テレビやラジオまでなくなったら、と皆さん想像できないですよね。僕自身もそうですが、それほど人はエンターテインメントに心を動かされているのだと思うんです。だから、「コロナ禍だから届けられない」というマイナスの論点で考えるのではなく、どうしたらできるのか、ということを協力し合って考えることが大切だな、と。

——なるほど。

ライブ配信やリモート取材もその一つですが、新たな選択肢を生み出していくこと。人類はこれまでも多くの脅威と闘ってきたわけで、そこから逃げ出さなかったからこそ今日まで繁栄してきた。だからこの時代に生きている僕たちも、この脅威と真剣に向き合い、乗り切るだけでなく再構築の術を探しつづける。その為にも誰かに舵を握らせるのではなく、自分自身で舵を握る、ハンドルを切る、アクセルを踏む、ということだと思います。だからこそ、最初に言ったように「こんなときだからこそ」ではなく、「どんなときも」です。エンターテインメントに携わる一人ひとりが「どんなときでもエンターテインメントを届けるにはどうすればいいか」を考え続けるべきだと思います。

チョコレートは人と人をつなぐバトン

——綾野さんには、4月から発売のロッテ新商品「カカオの恵み」のCMにご出演いただきました。CMのオファーが来たときの感想やCM撮影を終えてのお気持ちをお聞かせください。

チョコレートが持つ“圧倒的な世界観”を届ける作業に携われるのだと知り、とてもうれしかったです。撮影当日は、スタジオに入った瞬間に、どれだけの方がどれほどの思いを持って作り出したチョコレートなのか、そこにかける皆さんの思いや、「自信を持ってこの商品を届けたい」という熱意が伝わってきました。商品は、最終的にお客様に届けて完成です。つまり、僕は、制作の段階でお客様に届けるチームの一員にさせていただき、一緒に完成まで走り抜けた。とても感謝です。皆さんの高い志に引っ張られ、最後までいい状態で撮影できました。

——「チョコレート」と聞いて綾野さんは何を連想されますか?

(しばらく考えて)バトンでしょうか。

——というのは?

もちろんチョコレートは味わうものですが、それ以上に、誰かに“手渡すお菓子”といったイメージがあります。僕も子どものころにたくさんもらいましたし、そのもらったときのことをちゃんと覚えている。そこにはさまざまな物語があり、人と人をつなぐ大切なコミュニケーションツールです。チョコレートは映画の題材にもなっているくらいです。香りとともにその瞬間を思い出させてくれるファクターだと思います。だから、カカオの恵みというチョコレートが、受け取った方々にとって物語を生み出すきっかけになれたら、と思います。

役者の仕事は熱狂とワクワク

——映画にドラマと、お忙しい毎日だと思います。何をしている時間にホッとしたり、癒やされたりしていますか?

現場にいる時間です。

——え、それも現場ですか?

ほんとに現場なんです。

——それだけ仕事がお好きなんですね。

というよりも、仕事だという自覚がないんだと思います。役者の仕事は、熱狂すること、ワクワクすることなので。家ではワクワクできないからつまらない。もちろん、肉体的、精神的に疲れていてはワクワクできないので、そのために家で睡眠をとっているというような。

——では、現場で熱狂することのほかに熱中していることはありますか?

「食」です。体内に入れるものを意識するようになってから、熱狂したりワクワクしたりすることの体温と変わりません。人って、すごくおいしいご飯を食べると、「こんなに美味しいものを作ってくれてありがとう!」と思いますよね。数年前、あるお店で食事をしていたら、料理人や、食材の生産者の皆さんの思いまでが想像でき、その思いに感謝しながら食べているうちに心が潤ってきたんです。「食」にはそういう力があるのだと知り、もっといろいろなものを食べてみたいと思うようになりました。僕は、「食」もそうですし、「音楽」や「映画」に救われた人間だと思っていて。もっと言うと、「映像」や「現場(の人)」に救われたというか。救ってもらってばかりなので、僕がそれを等価交換できるのは現場しかないと思っているんです。

——最後に、最近のうれしかった出来事を教えてください。

カカオの恵みのCM撮影後、“剛のマーチ”をいただいたことです。

——コアラのマーチのパッケージをカスタマイズできる、「オリジナルのコアラのマーチ」のことですね(※オリジナルのコアラのマーチはロッテグループ公式オンラインモールから注文可能)。

はい。パッケージのコアラが僕の写真に変更されていて、「剛のマーチ」と書いてありました。世界にたった一つしかない“超限定品”。このパッケージは捨てられません。実は、コアラのマーチとパイの実の大ファンなんです。パイの実はパワーがあるので、気分が高揚しているときに食べるお菓子。一方、コアラのマーチは優しく癒やしてくれるお菓子。家に10箱くらいは常備しています。ずっと食べてきたお菓子のパッケージに僕の写真が付いているのを見て、めちゃくちゃうれしかったです。「喜んでほしい」「楽しんでほしい」という、皆さんのその気持ちがとても伝わってきて、その気持が美しい。僕の喜ぶ姿を想像しながら作ってくださったのかなと、皆さんの笑顔を想像していたら、やはり心が潤ってきました。

取材・文 辻 啓子

綾野剛(あやの・ごう)
綾野 剛(あやの・ごう)
1982年生まれ。岐阜県出身。2003年に『仮面ライダー555』で俳優としてデビュー。12年NHK朝の連続テレビ小説『カーネーション』への出演、13年には同大河ドラマ『八重の桜』にも出演。14年主演した映画『そこのみにて光輝く』で数多くの映画賞で主演男優賞を受賞。その後も数多くの映画やテレビドラマで様々な役を演じ、演技派俳優として活躍を続けている。今年は1月公開の『ヤクザと家族 The Family』で主演、4月には同じく主演作で『ホムンクルス』が日本限定で劇場公開され、その後Netflixで全世界配信の予定。4月スタートの日本テレビ水曜ドラマ「恋はDeepに」にて主演・蓮田倫太郎役を演じる。
Shall we Share

ほかの連載もみる