entry category about
CONTENTS CATEGORY ABOUT
ヒャダイン

「忙」という字は「心を亡くす」と書くとはよく言ったもので、2011年ごろの僕は激変する環境に心がどんどんすり減っていました。

前年までずっと匿名にしていたニコニコ動画の「ヒャダイン」と、ももいろクローバーZや東方神起に楽曲を提供する「前山田健一」が同一人物だと発表し、さらに多くのアーティストへの楽曲提供、大型アニメタイアップでCDデビューに数々のテレビ出演。「音楽で生計を立てたい!」という目標に向かってひた走っていたのですが、いきなりとんでもないスピードで数々の目標が叶っていく。一見、ドリームメーカーに見えるかもしれないですが、やはりひずみが発生するもので、それは肉体的にも精神的にもくるものがありました。

まず食べ物に関しておろそかになり、外食、弁当、もしくはいっそ食べない。栄養のことなんて全く顧みず、その日その日を過ごしていたのです。

精神的にも自分を追い詰めがちになり、「今仕事をいただけているのは本当にありがたいこと、全部の期待に応えなきゃいけない。来年以降も順調に過ごすために今頑張らなければ!」と、忙しいスケジュールも平気だと自分に言い聞かせて、ある意味、妄信しながら仕事をしていました。

なんか幸せじゃない

休みを取らない、誰とも遊びにいかない。その結果、まさに「心を亡くす」。どんどん痩せていくし、皮膚の病気も発症しました。目のクマは取れないし、ベッドに入っても3時間くらいで目覚めてしまう。知人からは「目が死んでいる」と言われる始末。生活の悪循環がさらに疲れを呼び、ぐるぐると螺旋(らせん)を描くように状態が悪くなっていきました。
商業的には成功したはずなのに、なんか幸せじゃない。
オトナになって味わう失敗。まさにビターな失敗でした。本当に大切なものを見落としていたのです。
自分はいい曲を書きたい。いい音楽を作りたい。そのためには何よりも自分が人生を楽しまなきゃいけない。健康な体、健康な心でこの一瞬一瞬を楽しまなきゃいけない。そんな単純なことに身をもって気づかされたのです。それからは今まで通り仕事をしつつ、「自分がしなくていい仕事」は人に任せ、その分、旅行をしたり友人と食事をしたりするようになりました。
健康にも意識をし始め、今ではスーパーフード博士です。あの時、必死になりすぎて招いた失敗のおかげで、今の自分は健やかに笑えている気がします。
人間死んじゃったら終わり。だからこそ生きているうちは楽しく生きなきゃ、ですね。

ヒャダイン
ヒャダイン
1980年、大阪府生まれ。本名は前山田健一。3歳でピアノを始める。京都大学卒業後、2007年から本格的な音楽活動を開始。男声・女声などすべて一人で歌い上げる斬新なスタイルがネット上で反響を呼び、謎のアーティストとして話題を集めた。一方、本名では「ももいろクローバーZ」「AKB48」「私立恵比寿中学」などさまざまなアーティストへ楽曲提供を行い作家として活躍。自身も歌手、タレントとして活動する。

季刊広報誌「Shall we Lotte」第37号(2017年秋)より転載
「失敗は成功の素」をテーマに、ご自身の経験から、明るい失敗やほろ苦い失敗をどう成功へ導いたかを、読む人がちょっと元気をもらえるようなエッセイにしていただきました。

Shall we Share

ほかの連載もみる