<iframe src="//www.googletagmanager.com/ns.html?id=GTM-WS5JBZ" height="0" width="0" style="display:none;visibility:hidden">

世界的な、ショコラティエが初めて認めた。

”ショコラティエ・ミキ”宮原美樹さん
世界的なショコラティエが認めたガーナ生チョコレート。極薄シェルにより外は"パリッ"、中から"トロッ"と生チョコが溢れ出す冬季限定の口どけをお楽しみください。

ガーナ生チョコレート<芳醇ミルク>

ガーナ生チョコレート<芳醇ミルク>

内容量:64g
発売地域:全国

ガーナ生チョコレート<芳醇カカオ>

ガーナ生チョコレート<芳醇カカオ>

内容量:64g
発売地域:全国

本場の生チョコレートに近い技術力に関心。

「シェルが薄いチョコレートは、本場フランスの特徴で、それに近い生チョコレートを楽しめる商品であると言えます。極薄のシェルを作ることは、ショコラティエが手で行う作業でもとても難しい技術です。それを、機械生産で行う技術は本当にすごいと思いました。」

ガーナらしいなめらかなくちどけに感動!

「<芳醇ミルク>のほうは、やさしいカカオ感の味わいが印象的で、<芳醇カカオ>は、ビターで、さらにカカオ感が楽しめます。くちどけに関しては、油分が多すぎると口の中で急にチョコが溶けてしまったり、アルコール分が強すぎるとその風味が強すぎてしまったりするのですが、それをほとんど感じられなかったことに感動しました。ガーナ本来の“くちどけの良さ”が更に上質感を増してやわらかなくちどけを楽しめます。なめらかなくちどけ感が良いバランスのチョコレートだと思います。」

高級チョコを楽しむ文化が定着する予感?!

「最近では、高品質のリッチなチョコレートがスーパーやコンビニエンスストアなどで気軽に食べられるようになっています。それは、様々な種類のチョコレートを楽しむ文化が広まっていることの象徴ですし、チョコレートを日常の中で楽しむ機会が増えてきたことだと思います。私にとってもチョコの新時代を感じられて嬉しいです。」

宮原 美樹(みやはら みき)氏 プロフィール

1977年、東京都世田谷区生まれ。国学院大学文学部、服部栄養専門学校調理科、バンタン製菓学院パティスリー本科を卒業。チョコレートメーカー大東カカオ(株)にてチョコレート開発本部に入社し、チョコレートの生地及び応用菓子の開発に携わる。2006年、手作りショコラ専門店「ショコラティエ・ミキ」(東京都世田谷区」をオープン。2008年、パリで開催される世界最大級のチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」に数少ない日本人ショコラティエとして初出展。2014年 フランスのショコラ専門ガイドブック「LE GUIDE」に、日本を代表するショコラティエとして掲載される。

<『ショコラティエ・ミキ』店舗情報>

【所在地】 〒157-0062 東京都世田谷区南烏山4-9-11 第2アベニューハウス001号
【営業時間】火・水・木・金曜日:11:00~19:00 土・日曜日:11:00~17:00
【定休日】月曜日・祝日 (不定休・オンシーズンは営業いたします)

Hanakoでも紹介されました。
掲載ページを見る
ガーナブランドサイト