<iframe src="//b.yjtag.jp/iframe?c=XWF55hL" width="1" height="1" frameborder="0" scrolling="no" marginheight="0" marginwidth="0">

Ghana

クレープシュゼット

クレープシュゼット

難易度★★☆

調理時間100

使用するチョコレート

口あたりなめらかなクレープにオレンジソースとガーナソースを合わせた温かいスイーツ。すっきりとしたオレンジとチョコのほろ苦さに芳醇なお酒の香り。まさに大人のデザートです。

材料・分量約6人分

<クレープ生地>(直径20cmのフライパン 約12枚分)

  • ガーナブラック1枚(50g/刻んでおく)
  • 牛乳250cc
  • 2個
  • 砂糖20g
  • 薄力粉100g
  • 無塩バター20g(溶かしたもの)
  • オレンジの皮(すりおろし)1/2個分

  • サラダ油適量

<チョコレートソース>

  • ガーナブラック1枚(50g/刻んでおく)
  • 牛乳45cc

<オレンジソース>

  • グラニュー糖75g
  • オレンジジュース300cc
  • オレンジ約2個
  • 無塩バター30g
  • オレンジリキュール30cc

  • レディーボーデン(バニラ)適量

必要な道具

  • 直径20cmと26cmのフライパン
  • はかり
  • 計量カップ
  • 包丁
  • まな板
  • おろし金
  • ふるい
  • ボウル
  • 泡立て器
  • 万能こし器
  • ラップ
  • レードル
  • 竹串
  • ゴムべら
  • スプーン
  • コルネ

つくり方

下準備

薄力粉はふるっておく。

  • クレープ生地をつくる。牛乳の半量を鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止めてガーナブラック(1枚)に加え、泡立て器でゆっくり混ぜてよく溶かす。

  • ボウルに卵を入れてほぐし、砂糖を加えて混ぜる。1を加えてよく混ぜ、残りの牛乳も加えて混ぜる。

  • 別のボウルに薄力粉を入れ、2を2〜3回に分けて加え、その都度泡立て器でよく混ぜる。

  • 溶かしバターを加えて混ぜ、こし器でこす。オレンジの皮を加えて混ぜ、ラップをかけて冷蔵庫で1時間以上休ませる。

  • チョコレートソースをつくる。牛乳を温めてガーナブラック(1枚)に加え、泡立て器で混ぜてよく溶かし、冷ましておく。

  • フライパン(直径20cm)を中火で熱し、サラダ油を薄くぬる。生地をレードル2/3量ずつ流し、フライパンを回して薄くひろげ、弱火で焼く。

  • 表面が乾いてポコポコとふくらみ、周囲がチリチリと焼けてきたら竹串を使って裏返す。裏面はさっと焼き、取り出す。残りも同様に焼く。

  • オレンジソースをつくる。オレンジはよく洗い、皮付きのまま3〜4mmの厚さにスライスする。

  • フライパンにグラニュー糖を入れて中火にかける。時々フライパンを回しながら火にかけ、全体が薄いカラメル色になったらオレンジジュースを加える。弱火にして砂糖を溶かす。

  • 砂糖が溶けたらオレンジスライス、バターを加えて煮る。オレンジの皮が透き通ったら4つ折りにしたクレープを入れ、全体にからめながらとろっとするまで煮詰める。

  • 強火にし、オレンジリキュールを加えてフランベする。レディーボーデンを盛り、チョコレートソースをかける。

POINT

クレープは1人分2枚計算になります。つくり方8のオレンジソース以降はレシピの1/2量、3人分ずつつくった方がつくりやすいです。その場合、フライパンは直径26cmのものがちょうどよいです。クレープは軽く焼き目がつくくらいしっかりと焼いた方がおいしいです。また、焼いたクレープ生地はラップに包んで冷凍保存可能です。オレンジリキュールは使わなくても大丈夫です。その場合はフランベの必要もありません。未成年が食べる場合は、オレンジリキュールは使わないでください。

おいしく食べられる目安

つくってすぐ

※目安期間のため、
調理後はお早めにお召し上がりください。

TOPへ