アーモンド(あーもんど)
お菓子づくりに使うナッツの中で一番よく使われるもの。カリッとした食感と香ばしさが特長のナッツ。特に焼き菓子やチョコレートとの相性がよいです。ホールのアーモンドには皮つきと皮なしがあります。

粉末状にしたものをアーモンドパウダー(またはアーモンドプードル)と言います。焼き菓子の生地に混ぜると、しっとりと仕上がり、アーモンド独特の風味が楽しめます。

皮なしのアーモンドを薄くカットしたスライスアーモンドや、細かく砕いたアーモンドダイスは、食感のアクセントや風味付けのトッピングの材料として、よく使われています。

その他にも、アーモンドの風味と香りを取り出した(抽出)アーモンドエッセンスと呼ばれるものがあります。杏仁豆腐にはかかせない材料です。
(左上)スライスアーモンド
(右上)アーモンドパウダー
(左下)アーモンドダイス
(右下)アーモンド(ホール・皮つき)
アーモンドエッセンス(あーもんどえっせんす)
アーモンドダイス(あーもんどだいす)
アーモンドチョコレート(あーもんどちょこれーと)
アーモンドパウダー(あーもんどぱうだー)
アイシング(あいしんぐ)
粉糖に卵白や水を加え、混ぜてペースト状にしたもの。クッキーや焼き菓子のデコレーションに使います。食紅で色をつけることもでき、アラザンや砂糖菓子と組み合せると、かわいらしくデコレーションできます。
デコレーション以外では、お菓子とトッピングの接着剤として使われたりもします。
ぬると薄く氷が張ったように見えることから、iceにingを付けてできた言葉。
あく抜き(あくぬき)
野菜がもつ余分な苦み、えぐみ、渋みを料理の前に取り除く作業のこと。
これにより、そのままでは食べられない山菜などもおいしく食べることができます。その方法は食材によって様々で、塩水や酢水にさらすだけのものもあれば、米ぬかや米のとぎ汁と一緒にゆでる場合もあるので、食材と料理に適した方法を選びましょう。
また、魚や肉にさっとお湯をかけるのもあく抜きが目的です。
アマレット(あまれっと)
アマンド(あまんど)
フランス語でアーモンドのこと。アーモンドにチョコレートをコーティングして、ココアパウダーをふりかけたお菓子をアマンド・ショコラと呼びます。
アーモンドをみる
網(あみ)
焼き上がったケーキやクッキーをのせ、冷ます時に使います。お菓子用のものを特にケーキクーラーと言います。網の下に脚がついているので、熱や湿気がこもらず早く冷め、焼き菓子などはさっくりとおいしく仕上がります。チョコレートをコーティングする時にも使用します。あると便利なアイテム。揚げ物用の油きり網でも代用は可能です。
アラザン(あらざん)
砂糖でできたつぶ状の飾り。銀色が一般的ですが、金色やピンク色もあります。つぶの大きさも様々。クッキーやケーキのデコレーションに用います。仕上げに使うとぐっと華やかになります。
フランス語で「銀」を意味するargent(アルジャン)が語源となっています。
粗熱(あらねつ)
オーブンで焼いたり、鍋で煮たりしたすぐ後の熱のこと。レシピによく出てくる「粗熱をとる」とは、触れても熱くない程度に冷ますことを言います。ケーキなどは網などにのせて、そのまましばらく置いて冷ましたり、ボウルに入ったものは底を水につけて、混ぜながら冷ましたりします。
アルミカップ(あるみかっぷ)
アルミでできたカップ型のこと。マドレーヌや蒸しケーキ用の大きめのサイズ、チョコレート用の小さいサイズがあります。
ケーキ用は、厚みのあるしっかりとしたものだと、生地を流してそのまま焼くことができ、チョコレート用は溶かしたチョコを流したり、ガナッシュを絞って固めたりします。
製菓材料店ではいつも買うことができます。チョコレート用のカップはバレンタインの時期にはスーパーでも取り扱うところがあります。
泡立て器(あわだてき)
卵や生クリームを泡立てたり、材料を混ぜるときに使います。ステンレス製で柄が持ちやすく、ワイヤーの本数が多く、弾力があるものがベスト。ボウルのサイズに合わせて大、小あると便利です。
電動のハンドミキサーもありますが、微妙な泡立て加減の調節が難しいので、仕上げは泡立て器を使いましょう。
アンゼリカ(あんぜりか)
セイヨウトウキというハーブの一種の茎を砂糖漬けにしたもの。日本ではフキを代用しています。
鮮やかな緑色が特長で、ケーキやクッキーのデコレーションなどに使われたり、パウンドケーキにドライフルーツと一緒に混ぜ込むこともあります。