コアラ基金って、なぁに?

コアラのマーチが10周年をむかえた1994年から、ロッテは「オーストラリア・コアラ基金」(The Australian Koala Foundation 略称AKF)に参加しています。この基金は、コアラの保護や研究のために設立されました。

20世紀になって、オーストラリアのコアラの数は300万頭から10万頭以下 にまで減少しています。ハンティングや山火事、都市開発などが、このような悲しい結果をまねいているのです。

そこでいま、こうした過ちが再び起きないように、コアラの生息の現状について調査をしています。時間とお金がかかる、大切な作業。ロッテは、この活動を応援しています。

コアラQ&A

ここでコアラについての知識をみにつけよう!

Q:コアラは何頭くらいいるの? A:20世紀になって、オーストラリアのコアラの数は300万頭から10万頭弱にまで減ってしまいました。ハンティングや自動車事故、山火事、森林伐採(しんりんばっさい)などが、その原因だといわれています。

Q:コアラのだいすきなユーカリの木は、たくさんあるの? A:オーストラリアには約600種類のユーカリの木があります。コアラが食べられるのは、そのうちの120種類だけ。そのユーカリの数も、年々減ってきています。

Q:コアラはどれくれいで、おとなになれるの? A:コアラは生後5~6か月のあいだ、お母さんのおなかの袋のなかで、おっぱいを吸いながら生活しています。やがて、お母さんの背中でおんぶされるようになって、ちょうど1歳くらいで自立します。

Q:コアラはどんな種類の動物? A:コアラはカンガルーと同じ、おなかに袋をもつ有袋類(ゆうたいるい)という種類の動物。生まれてから1年のあいだは、お母さんの袋のなかで育てられて大きくなります。

Q:コアラの住むところがなくなるってホント? A:むかしむかし、ヨーロッパからオーストラリア大陸にたくさんの人が移り住みはじめてから、約80%ものコアラの住みかが失われています。人間は自分たちが住むために、たくさんの森林を伐採(ばっさい)したんですね。残りの住みかをまもることは、コアラの保護(ほご)だけでなく、すべての生きものにとっても、いちばん大切にしたいことです。

ページトップへ戻る

フォスターコアラプログラムに参加しよう!

20世紀に入ってから、急激にその数を減らしているオーストラリアのコアラたち。最近、おどろくニュースが日本にも伝えられました。
これまでの都市開発によって、コアラの生息地がおびやかされています。幹線道路や住宅地の建設が進み、コアラが車にはねられたり、飼い犬におそわれて、多くのコアラが死んでいます。
このまま開発が進んでしまうと、15年後にはコアラが見られなくなる地域も出てくるとか。

このニュースを発表したのが、オーストラリアの野生のコアラの保護・研究を行っている、オーストラリア・コアラ基金です。いま基金では、積極的に「コアラにやさしい都市開発」を呼びかけています。コアラの生息地を研究し、コアラと人間の共存をオーストラリア政府にはたらきかけています。

時間とお金がかかる大切な活動ですが、 活動のための主な資金は、ロッテをはじめとするスポンサーの寄付やみなさまの募金からまかなわれています。


コアラ基金からのお知らせ
いまコアラ基金では、コアラの里親になって養育をサポートするプログラムを実施しています。遠い日本から、コアラを直接サポートできる活動です。
オーストラリアのコアラ保護区にいるコアラの里親として「あなたのコアラ」の名前がお知らせされます。みなさまからのサポートで集まった養育費は、保護区のコアラたちだけでなく、彼らの兄弟やいとこやたくさんの野生のコアラを助ける活動に役立っています。

くわしい情報や申し込みの方法については、
コアラ基金ホームページをごらんください。

オーストラリアコアラ基金 日本語ホームページへ

ページトップへ戻る
img