• 手づくり基本テクニック
  • 手づくりラッピング
チョコレートモンブラン

チョコレートモンブラン

難易度★★☆

調理時間100

使用するチョコレート

チョコとマロンのバランスが絶妙!おいしさがギュッと詰まった濃厚モンブラン。市販のタルトカップを使ってできる本格スイーツです。

材料・分量 直径5.6cmのタルトクッキー 12個分

<ガナッシュ>

(タルトの中身と飾りのハート用)

  • ガーナブラック3+1/2枚(175g/刻んでおく)
  • 生クリーム90cc(動物性の脂肪分40%以上のもの)※30%台の場合は75ccに減らしましょう。

  • 市販のタルトクッキー12個

<マロンクリーム>

  • マロンペースト140g
  • 生クリーム大さじ2

<チョコレートクリーム>

  • ガーナブラック2+1/2枚(125g/刻んでおく)
  • 生クリーム190cc

  • 栗の甘露煮6個

<チョコマロンクリーム>

  • マロンペースト200g
  • 生クリーム大さじ3
  • ガーナブラック1枚(50g/刻んでおく)
  • ラム酒小さじ1

<トッピング>

  • アラザン(銀、金)適量

必要な道具

    • はかり
    • 計量カップ
    • 計量スプーン
    • 包丁
    • まな板
    • 15×10cm位のバット
    • オーブンペーパー
    • ボウル
    • 泡立て器
    • ゴムべら
    • 直径1cm位の丸口金
    • 絞り袋
    • 2.3×2.3cmのハートの抜き型
    • 木べら
    • モンブラン用の口金(またはコルネ)

つくり方

POINT

飾りのハート用に15×10cm位のバットにオーブンペーパーを敷いておく。栗の甘露煮は水気をしっかりと切り、4等分にスライスしておく。

  • ガナッシュをつくる。鍋に生クリームを入れて火にかけ、沸騰したら火を止めてガーナブラックに加え、泡立て器でゆっくり混ぜて溶かす(完全に溶けなければ湯せんにかける)。

  • 1の2/3量を直径1cm位の丸口金をつけた絞り袋に入れ、タルトクッキーの八分目位まで絞り入れる。

  • 残りのガナッシュはバットに流し入れ、平らにし、2と共に冷蔵庫で30分~1時間冷やし固める。

    冷蔵庫の温度設定により固まる時間が異なります。

  • マロンクリームをつくる。ボウルにマロンペースト140gを入れ、木べらなどでよくねってやわらかくし、生クリームを2回に分けて加え、ゴムべらでなめらかになるまでよく混ぜる。

  • 直径1cm位の丸口金をつけた絞り袋に入れ、2のタルトの上に一周絞り、冷蔵庫で約10分冷やし固める。

    冷蔵庫の温度設定により固まる時間が異なります。

  • チョコレートクリームをつくる。ガーナブラックは50℃位のお湯で湯せんをして溶かす。生クリームを少しずつ加え、ダマができないように泡立て器でその都度よく混ぜ、なめらかなクリームにする。

    湯せんで溶かす際、水が絶対に入らないよう注意。

  • ボウルの底を氷水にあて、しっかりと泡立て(八分立て)、直径1cm位の丸口金をつけた絞り袋に入れる。

  • 5のタルトの上に一周絞り、栗の甘露煮をのせ、さらに絞り、上にも栗をのせて冷蔵庫で約20分冷やし固める。

    冷蔵庫の温度設定により固まる時間が異なります。

  • 3のガナッシュをハート型(2.3×2.3cm)で抜いてアラザンを飾り、再び冷蔵庫で冷やしておく。

  • チョコマロンクリームをつくる。ガーナブラックは50℃位のお湯で湯せんをして溶かす。

    湯せんで溶かす際、水が絶対に入らないよう注意。

  • ボウルにマロンペースト200gを入れ、木べらなどでよくねってやわらかくし、生クリームを2回に分けて加え、ゴムべらでなめらかになるまでよく混ぜる。

  • 溶かしたガーナブラックを加えて混ぜ、ラム酒も加えてよく混ぜる。モンブラン用の口金をつけた絞り袋に入れ、8を回しながら、下から上にうずまき状に絞り出す。一番上に9を飾る。

    保存は冷蔵庫で。

POINT

チョコマロンクリームをつくる際、マロンペーストをしっかりとやわらかくするのがポイントです。ダマになってしまったら、一度裏ごしをするとよいです。12で絞る際、タルトを手で持ち、回転させながら、その速度に合わせて絞り出していくときれいにできます。モンブラン用の口金がない場合は、コルネでも代用できます。ラム酒を入れない場合は、同量の生クリーム(または牛乳)を入れてください。未成年が食べる場合は、ラム酒は使わないでください。

おいしく食べられる目安

冷蔵庫で1~2※目安期間のため、
調理後はお早めにお召し上がりください。

TOPへ