• 手づくり基本テクニック
  • 手づくりラッピング
塩ショコラサブレ

塩ショコラサブレ

難易度★★☆

調理時間150

使用するチョコレート

ついつい手がのびる、サクサクの一口サブレ。ほんのり効かせた塩味が、ガーナたっぷりガナッシュクリームの甘みをキリッと引き立てます。

材料・分量 直径3.5cmの菊形25組分

≪サブレ生地≫

  • 無塩バター80g
  • 砂糖30g
  • ひとつまみ
  • 卵黄1個分
  • ガーナミルク1枚(50g/刻んでおく)
    • 薄力粉130g
    • ココアパウダー10g
  • 打ち粉用 強力粉(なければ薄力粉でも可)適量
  • 塩(岩塩)適量

<塩ガナッシュクリーム>

  • ガーナミルク2枚(100g/刻んでおく)
  • 生クリーム50cc(動物性の脂肪分40%以上のもの)※30%台の場合は45ccに減らしましょう。
  • 無塩バター5g
  • 塩(岩塩)ひとつまみ

必要な道具

    • 直径3.5cmの菊の抜き型
    • はかり
    • 計量カップ
    • 包丁
    • まな板
    • ふるい
    • ボウル
    • ゴムべら
    • 木べら
    • 泡立て器
    • ラップ
    • めん台
    • めん棒
    • オーブンペーパー
    • フォーク
    • オーブン
    • 網(ケーキクーラー)
    • 絞り袋
    • 星形口金

つくり方

POINT

無塩バターは室温に戻してやわらかくしておく。Aは合わせてふるっておく。ガーナミルク(50g)は、50℃位のお湯で湯せんをして溶かし、人肌位まで冷ましておく。湯せんは水が絶対に入らないよう注意。

  • ボウルにバターを入れて木べらでやわらかくし、砂糖、塩を加えて泡立て器で白っぽくなるまですり混ぜる。

  • 卵黄を加えてよく混ぜ、溶かしたガーナミルクも加えてよく混ぜる。

  • Aを加えてゴムべらで切るように混ぜる。粉っぽさがなくなり、ひとまとまりになったら、ラップで包み、冷蔵庫で1時間以上休ませる。

  • めん台に打ち粉をし、3をのせて2~3mmの厚さにのばす。抜き型で抜き、オーブンペーパーを敷いた天板に並べる。

  • 表面にフォークで穴をあけ、塩をふって180℃(予熱あり)のオーブンで7~8分焼く。焼き上がったら、網にのせて冷ます。

  • クリームをつくる。生クリームを鍋に入れて火にかけ、沸騰したら火を止めてガーナミルクに加える。泡立て器でゆっくりと混ぜて溶かし、バターと塩を加える(完全に溶けなければ湯せんにかける)。

  • 粗熱がとれたらボウルの底を氷水にあて、ゴムべらで混ぜながらとろっとするまで冷やす。絞れる固さになったら星形口金をつけた絞り袋に入れる。

  • 5に7のクリームを絞り、もう1枚ではさみ、冷蔵庫で約10分冷やし固める。

    冷蔵庫の温度設定により固まる時間が異なります。保存は冷蔵庫で。

POINT

4で生地をのばす際、固い場合は軽くねってやわらかくしてから、のばすとよいです。逆にやわらかくなり過ぎてしまったら冷蔵庫で少し冷やしてからのばしましょう。8で絞った際、ガナッシュがやわらかければ、絞り袋に入れたまま冷蔵庫で冷やしてから絞るとよいです。

おいしく食べられる目安

密封容器に乾燥剤と共に入れ、冷蔵庫で3~4※目安期間のため、
調理後はお早めにお召し上がりください。

TOPへ