• 手づくり基本テクニック
  • 手づくりラッピング
パブロバ

パブロバ

難易度★☆☆

調理時間120

使用するチョコレート

サクッとして口の中でシュワっと溶ける新食感の「パブロバ」はニュージーランド発祥のスイーツ。低温でじっくりと焼いたメレンゲに、クリームとフルーツを合わせるのがスタンダード。ちょっと甘めの味がクセになるおいしさです!

材料・分量 直径18cm位のもの1台分

<メレンゲ生地>

  • 卵白2個分
  • ひとつまみ
  • グラニュー糖100g
  • コーンスターチ小さじ2
  • 小さじ1
  • バニラオイル少々

<クリーム>

  • ガーナホワイト2枚(90g/刻んでおく)
  • 生クリーム200cc
  • ブルーベリー50〜60g

必要な道具

    • はかり
    • 計量カップ
    • 計量スプーン
    • 包丁
    • まな板
    • ボウル
    • 泡立て器
    • オーブンペーパー
    • ゴムべら
    • オーブン
    • 網(ケーキクーラー)

つくり方

  • ボウルに卵白、塩を加えて泡立てる。グラニュー糖を4〜5回に分けて加え、つやがあり、ツノがピンと立つくらいのしっかりとしたメレンゲにする。

  • コーンスターチ、酢、バニラオイルを加え、さらに泡立て器で2〜3分混ぜる。

  • オーブンペーパーを敷いた天板にのせ、ゴムべらで直径18cmの円形にざっくりと整える。上面の中央を少しへこませ、周囲を高くする(こうすると焼いた後、クリームをのせやすい)。

  • 150℃(予熱あり)のオーブンで30分、130℃に下げて30分焼く。そのまま庫内に30分おき、オーブンペーパーごと網にのせて冷ます。

  • クリームをつくる。ガーナホワイトを50℃位のお湯で湯せんをして溶かす。生クリームを少しずつ加え、ダマができないように泡立て器でその都度よく混ぜ、なめらかなクリームにする。

    湯せんで溶かす際、水が絶対に入らないよう注意。

  • ボウルの底を氷水にあて、しっかりと泡立てる(八分立て)。4の上にのせて平らにし、ブルーベリーを盛る。

    保存は冷蔵庫で。

POINT

卵白に対してグラニュー糖が多いので、少量ずつ分けて加えて泡立てるとよいです。ただ、入れるのが遅いと溶けないのでツノが立つ手前で入れきるようにしましょう。のせるフルーツはお好みのもので、いちごやラズベリー、マンゴーでもおいしいです。量もお好みで調整してください。

おいしく食べられる目安

密封容器に乾燥剤と共に入れ、冷蔵庫で1(生地のみの場合は密封容器に乾燥剤と共に入れ、室温で4〜5日保存可能) ※目安期間のため、
調理後はお早めにお召し上がりください。

TOPへ