• 手づくり基本テクニック
  • 手づくりラッピング
米粉のチョコレートマーブルパン

米粉のチョコレートマーブルパン

難易度★☆☆

調理時間80

使用するチョコレート

しっとり、もちもちの米粉100%のパン。こねずに、発酵も短時間でできる簡単レシピです!ほんのりとお米の甘味が残る生地にガーナミルクをマーブルに焼き込みました。焼きたてを是非!

材料・分量20.5×8×高さ6cmのパウンド型1台分

  • ガーナミルク2枚(100g/刻んでおく)
    • パン用米粉(ミズホチカラ)200g
    • きび砂糖10g
    • インスタントドライイースト3g
    • 3g
  • お湯(35℃前後)170cc
  • 米油10g

必要な道具

    • 20.5×8×高さ6cmのパウンド型
    • まな板
    • ゴムべら
    • 菜ばし
    • 網(ケーキクーラー)
    • はかり
    • 温度計
    • オーブンペーパー
    • ラップ(ビニール袋)
    • 計量カップ
    • 泡立て器
    • アルミホイル
    • 包丁
    • ボウル
    • スプーン
    • オーブン

つくり方

POINT

型にオーブンペーパーを敷いておく。ガーナミルクは50℃位のお湯で湯せんをして溶かしておく。湯せんは水が絶対入らないよう注意。

  • ボウルにAを入れて泡立て器で軽く混ぜる。

  • 分量のお湯を小さじ1杯ほど残して加え、ゴムべらで混ぜる。ある程度混ざったら油も加えてよく混ぜる。

  • 全体になめらかになり、つやが出るまでぐるぐるとしっかりとかき混ぜる(1~2分間)。混ぜ上がりはすくうとトロトロとリボン状に落ちて跡が残らない程度の固さ。固いようなら残しておいたお湯を少しずつ足して混ぜる。

  • 型に1/3量を流し入れ、その上に溶かしたガーナミルクの1/3量を全体にいきわたるように入れる。菜ばしなどでマーブル状に混ぜる。

  • さらに半量の生地とチョコを重ねて入れ、同様に混ぜる。残りも同様にし、表面もマーブル状に混ぜる。乾かないようにし、30℃くらいの場所で30~40分発酵させる。

  • 生地が1.7倍くらいになり、型の高さと同じくらいまでふくらんだら発酵完了。

  • 生地の表面の大きさに合わせてカットしたオーブンペーパーをそっとのせてアルミホイルを2重にかぶせる。

  • 160℃(予熱あり)のオーブンで10分、そのまま200℃に上げて15分、アルミホイルをはずして200℃で10~15分焼く。

    やけどに注意。

  • 焼き上がったら、型からはずして網などにのせて冷ます。人肌くらいまで冷めてからカットする。

  • <パン用の米粉について>
    「ミズホチカラ」が手に入らない場合は下記の粉でも作ることが可能です。その場合はお湯のみ分量を変更してください。
    1富沢商店 製菓用米粉160g、タピオカ澱粉40g、お湯150cc
    2リファリーヌ200g、お湯180~190cc
    3共立食品 米の粉200g、お湯160~170cc
    *1、2はレシピと同じくらいの固さ、3はレシピよりもやや固めの生地になります。

  • <発酵について>
    発泡スチロールに熱湯を入れたコップを入れて発酵させるのがオススメです。この場合はラップなしでOK。
    オーブンの発酵機能を使う場合は乾きやすいのでラップやビニール袋などをかぶせてください。発酵機能がない場合は庫内に熱湯を入れたコップを入れることでも可能です。夏場は室温で OK。乾かないようにして30℃くらいのところで発酵させてください。

POINT

米粉の生地は乾きやすいです。3で混ぜている間に乾いて少し固くなってきたら、お湯を足してください。生地とチョコを交互に入れる際は、生地の上にチョコ、チョコの上に生地をのせるようにするときれいなマーブルになります。焼き立ては切りにくいので、少し冷めてから切るとよいです。

おいしく食べられる目安

つくったその日
(次の日は軽くトーストするか蒸し器で
温めるとおいしい。冷凍庫で1週間保存可能)
※目安期間のため、
調理後はお早めにお召し上がりください。

TOPへ