• 手づくり基本テクニック
  • 手づくりラッピング
バスク風チョコレートチーズケーキ

バスク風チョコレートチーズケーキ

難易度★☆☆

調理時間40

使用するチョコレート

スペインのバスク地方が発祥とされる「バスクチーズケーキ」。その特徴は表面を真っ黒になるくらい焦がすこと。カラメルのような香ばしさと、クリーミーな食感にガーナミルクのおいしさをプラスしました。

材料・分量直径15cmの丸型 1台分

  • ガーナミルク2枚(100g/刻んでおく)
  • クリームチーズ200g
  • 砂糖70g
  • 卵黄1個分
  • 1個
  • 生クリーム200cc
  • コーンスターチ10g

必要な道具

    • 直径15cmの丸型
    • まな板
    • ゴムべら
    • オーブン
    • はかり
    • オーブンペーパー
    • ふるい
    • 網(ケーキクーラー)
    • 計量カップ
    • 木べら
    • 包丁
    • ボウル
    • 泡立て器

つくり方

POINT

オーブンペーパーは一度くしゃくしゃにしてから伸ばし、型に敷いておく(型の内側を軽く水で濡らすと敷きやすい)。クリームチーズは室温に戻してやわらかくしておく。ガーナミルクは50℃位のお湯で湯せんをして溶かしておく。湯せんは水が絶対入らないよう注意。コーンスターチはふるっておく。

  • ボウルにクリームチーズを入れ、木べらでやわらかくし、砂糖を加え、泡立て器でなめらかになるまでよく混ぜる。

  • 卵黄、卵の順に加えてその都度よく混ぜる。溶かしたガーナミルクを加えて全体が茶色になるまでよく混ぜる。

  • 生クリームを3~4回に分けて加えてよく混ぜ、コーンスターチも加えて混ぜる。

  • 型に流し入れて平らにし、250℃(予熱あり)のオーブンで20~25分焼く。

  • 表面が焦げ茶色から黒色に焼き色がついたら、型ごと網などにのせて冷まし、粗熱をとる。冷蔵庫で最低でも一晩冷やす。

    保存は冷蔵庫で。

POINT

2でガーナミルクを加える際、温度が低いと固まってしまうので、チョコは温かいまま加えてください。焼き上がりは中はふるふると柔らかい状態でOKです。必ず一晩しっかり冷やしてから召し上がってください。置くほどに味がなじんでおいしくなります。

おいしく食べられる目安

冷蔵庫で4~5※目安期間のため、
調理後はお早めにお召し上がりください。

TOPへ