キシリトールのヒミツ

キシリトールってどんな成分?

お口の中で酸をつくらない

お口の中で酸を作らない糖アルコールの一種で、白樺や樫などの樹木や植物から作られる成分です。人間の体内でもつくられています。

砂糖とほぼ同じ甘みを持つのに、
カロリーが砂糖の75%

砂糖と同じくらいの甘味がありますが、キシリトールのカロリーは約3キロカロリー/gと、約4キロカロリー/gの砂糖と比べて少なめです。また、スッとした爽やかな冷涼感が特徴です。

カロリー75%

トクホのキシリトールが歯にうれしい理由

POINT 01 むし歯の原因となる
酸をつくりません

むし歯菌は糖から酸をつくる
食べた後、歯に残った糖からむし歯菌が酸をつくります。
キシリトールを食べると…
むし歯菌が、キシリトールを食べても酸をつくれません。

POINT 02 歯の再石灰化を増強します!

脱灰:酸によって歯が溶け出す→ロッテキシリトールガムを摂取→再石灰化:歯から失われたミネラルを補給
食事をすると、むし歯のすみつく歯垢が酸性になるため、歯のカルシウム等が溶け出します。これが初期むし歯のはじまりである脱灰です。ロッテキシリトールガムは、脱灰で失われたミネラルを戻す唾液の作用、再石灰化を促進するため、歯を丈夫で健康に保つことに役立ちます。

トクホのキシリトールガム

トクホのロッテ キシリトールガムは、
再石灰化を増強し、歯を丈夫で健康に保ちます。

マーク:消費者庁許可特定保健用食品
「特定保健用食品(トクホ)とは、
有効性、安全性などの科学的根拠を示して、国の審査のもとに消費者庁の許可を受けた食品のことを指します。
許可表示
このガムは、むし歯の原因にならない甘味料(キシリトール及びマルチトール)を使用しています。 また、歯の再石灰化を増強するキシリトール、フクロノリ抽出物(フノラン)、リン酸一水素カルシウムを配合しているので、歯を丈夫で健康に保ちます。
1日摂取目安量
1回に2粒を5分噛み、1日7回を目安にお召し上がりください。
食生活は、主食、主菜、副菜を基本に食事のバランスを。

このページをシェアする