• 手づくり基本テクニック
  • 手づくりラッピング
クロワッサンチョコドーナツ

クロワッサンチョコドーナツ

難易度★★☆

調理時間150

使用するチョコレート

パイ生地でつくったドーナツは、サクサク感が今までにない新食感!間にガーナのクリームをたっぷりとはさむので食べ応えアリ◎表面はガーナでコーティング。チョコのダブル使いで濃厚な味☆スマイルマークやナッツでデコレーションして、ポップにかわいく仕上げよう!

材料・分量 直径8cm 6個分

  • 冷凍パイシート(18×18cm)4枚
  • 溶き卵適量
  • 打ち粉用 強力粉適量(なければ薄力粉でも可)
  • 揚げ油適量

<クリーム>

  • ガーナミルク1+1/2枚(75g/刻んでおく)
  • 生クリーム80cc

<コーティングチョコ>

  • ガーナミルク2+1/2枚(125g/刻んでおく)
  • 無塩バター7g
  • ガーナホワイト4枚(180g/刻んでおく)
  • 無塩バター12g
  • いちごパウダー小さじ1+1/2

<トッピング>

  • アーモンドダイス、クッキークランチ、ストロベリークランチなど適量

必要な道具

    • はかり
    • 計量カップ
    • 計量スプーン
    • 包丁
    • まな板
    • フライパン
    • 菜ばし
    • はけ
    • めん台
    • めん棒
    • ラップ
    • 直径8cmと3cmの丸型
    • 揚げ鍋
    • 揚げ網
    • バット
    • ボウル
    • ゴムべら
    • 泡立て器
    • 丸口金
    • 絞り袋
    • コルネ

つくり方

POINT

アーモンドダイスはフライパンに入れ、菜ばしで混ぜながら弱火にかけ、軽く色がついたら取り出して冷ましておく。

  • 冷凍パイシートは室温において半解凍にする。2枚一組にし、表面に溶き卵をぬり、もう一枚を重ねる。

  • 打ち粉をしながら40cm位の長さに伸ばし、3つに折りたたむ。90度回転させてさらに伸ばす。同様に折りたたみ、回転させて伸ばす。これを計4回繰り返す(伸びにくくなったら、一度冷蔵庫で休ませてから作業するとよいです)。ラップで包み、冷蔵庫で1時間以上休ませる。

  • 2を8mm~1cmの厚さに伸ばし、直径8cmの丸形で抜く。中心部分を直径3cmの丸形で抜き(1組で3個取れる)、再び冷蔵庫で10~20分程冷やす(型がない場合は、生地を2cm位の幅に切り、端に溶き卵をつけてリング状に接着するとよいです)。

  • 揚げ油を中温(170℃)に熱し、3を揚げる。ふくらんで両面こんがりと色づいたら揚げ上がり(揚げ時間10分程)。完全に冷めたら横半分に切っておく。

  • クリームをつくる。ガーナミルクは50℃位のお湯で湯せんをして溶かす。生クリームを少しずつ加え、ダマができないように泡立て器でその都度よく混ぜ、なめらかなクリームにする。

    湯せんで溶かす際、水が絶対に入らないよう注意。

  • ボウルの底を氷水にあて、しっかりと泡立てる(八分立て)。丸口金をつけた絞り袋に入れ、4の下部分に絞り出す。上部分を重ね、冷蔵庫で冷やしておく。

  • コーティングチョコをつくる。ガーナミルク(ガーナホワイト)は50℃位のお湯で湯せんをし、ゴムべらでゆっくりと混ぜて溶かす。完全に溶けたらバターを加えてよく溶かす。ガーナホワイトは2等分し、片方にいちごパウダーを加えて混ぜて色をつける。

    湯せんで溶かす際、水が絶対に入らないよう注意。

  • 6の上面につけ、余分についたチョコを落とし、上向きに戻す。残ったチョコをコルネに入れて表面に模様を描き、アーモンドダイスやクッキークランチなどを飾り、冷蔵庫で10~15分冷やし固める。

    冷蔵庫の温度設定により固まる時間が異なります。保存は冷蔵庫で。

POINT

2で伸ばす際、伸びにくくなったり、生地が溶けてべたべたとしてしまったら、一度冷蔵庫で休ませてから作業するとよいです。中心部分を抜いた生地も一緒に揚げれば一口サイズのドーナツができます。生地が完全に冷めているのを確認してからクリームを絞ってください。11×18cmのパイシートの場合は2枚で2個位つくれます。メーカーによって厚さが若干違うので、つくり方3の厚さ8mm~1cmを基準にして型抜きしてください。

おいしく食べられる目安

冷蔵庫で1~2※目安期間のため、
調理後はお早めにお召し上がりください。

TOPへ