商品情報

  • top
  • ガム
  • チョコレート
  • キャンディ
  • ビスケット
  • アイスクリーム
  • 健康食品
  • 健康雑貨
  • その他

よくある質問 アイスクリーム

ロッテではお客様と直接触れ合う窓口として、「お客様相談室 お問い合わせ窓口」を設けております。

質問をクリックすると解答パネルが開閉します。

    アイスクリームに賞味期限が記載されていないのはなぜですか?

    答え

    アイスクリームには賞味期限がないからです。

    アイスクリーム類の場合、賞味期限はございません。アイスクリーム類は、-18度以下での冷凍保存の状態においては微生物は増殖しないこともあり、品質劣化が極めて小さく、安定している食品ということで賞味期限の設定がされておりません。

    アイスクリーム類はどれくらい保存できるのですか?

    答え

    アイスクリーム類の場合、賞味期限はございませんが、商品本来のおいしさを味わっていただくためにも、ご購入後なるべく早めにお召し上がりになることをお勧めしております。

    アイスクリーム類の場合、賞味期限はございません。安定的に-18度以下できちんと冷凍保存されていたのであれば、微生物は増殖しないこともあり、品質劣化が極めて小さく、安定的な食品ということで、保管状態がよければ長い期間、保管されていても品質的に問題ないものと考えます。

    ただし、冷凍庫にたくさん商品を入れていたり、冷凍庫の扉の開閉頻度が高い場合、冷凍庫内の温度変化がおきやすい状態になります。こういう状態の冷凍庫で保存している場合は、アイスクリームの表面がいったん溶け、再凍結することにより氷の結晶が大きくなり、シャリシャリしてアイス本来の滑らかさや風味を損ねる場合もございます。

    商品本来のおいしさを味わっていただくためにも、ご購入後なるべく早めにお召し上がりになることをお勧めしております。

    一度溶けてしまったアイスクリームを再度凍結すれば食べられますか?

    答え

    お体には影響はございませんが、おいしくお召し上がりできないと思われますのでお勧めできません。

    一度溶けてしまったアイスクリームを再凍結すると、表面の色が変化し、氷の結晶が大きくなるため食感がシャリシャリし、アイスクリーム本来の滑らかさが失われてしまいます。
    お体には影響はございませんが、おいしくお召し上がりできないと思われますのでお勧めできません。

    冷凍庫に入れっぱなしになっていたアイスクリームは食べられますか?

    答え

    保存状態によりましては、アイスクリームのパッケージの表面に霜が多くついていたり、滑らかさがなくシャリシャリしていたり、風味が失われている場合がございます。 お体には影響はございませんが、おいしくお召し上がりできないと思われますのでお勧めできません。

    アイスクリーム類の場合、賞味期限がございません。
    -18度以下できちんと冷凍保存されていたのであれば、微生物は増殖しないこともあり、品質的劣化は極めて低く、安定的な食品ということで、保存状態がよろしければ長い期間、保存されていても品質的には問題ないものと考えられております。

    ただし、保存状態によりましては、アイスクリームのパッケージの表面に霜が多くついていたり、滑らかさがなくシャリシャリしていたり、風味が失われている場合がございます。
    これは、アイスクリームがいったん溶け、再凍結した可能性がございますので、そのような場合、お体には影響はございませんが、おいしくお召し上がりできないと思われますのでお勧めできません。

    食べ残したアイスクリームを冷凍庫に入れっぱなしにしていましたが、
    いつまで食べられますか?

    答え

    食べ残したアイスクリームを冷凍庫に保存された場合は、なるべく早めにお召し上がりください。
    ただし、保存状態によりましては、滑らかさがなくシャリシャリしていたり、風味が失われている場合がございます。お体には影響はございませんが、おいしくお召し上がりできないと思われますのでお勧めできません。


    アイスクリームのフタを一度、あけられた場合は、未開封のものよりも温度の影響を受けやすくなり、表面が乾燥することもあります。
    また、アイスクリームを含む乳製品には、他の食品のにおいが移りやすい性質がございます。

    食べ残したアイスクリームを冷凍庫に保存された場合は、なるべく早めにお召し上がりください。
    ただし、保存状態によりましては、滑らかさがなくシャリシャリしていたり、風味が失われている場合がございます。お体には影響はございませんが、おいしくお召し上がりできないと思われますのでお勧めできません。

    アイスクリーム類を家庭で保管するポイントを教えてください。

    答え

    下記のポイントに気をつけて保管してください。また、開封後はなるべく早くお召し上がりください。

    アイスクリーム類を家庭で保管するポイントは、次のとおりです。

    • -18度以下の冷凍保存で、冷気の循環を妨げない程度に商品を入れる。
    • 冷凍庫の冷気が逃げないように、扉の開閉はすばやく、開閉回数を少なくする。
      ⇒冷凍庫にたくさん商品を入れていたり、冷凍庫の扉の開閉頻度が高い場合、冷凍庫内の温度変化がおきやすい状態になります。
      こういう状態の冷凍庫で保存している場合は、アイスクリームの表面がいったん溶け、再凍結することによって氷の結晶が大きくなり、シャリシャリしてアイス本来の滑らかさや風味を損ねる場合もございます。
    • 臭いがつきやすいため、臭いの強いものを一緒にしない。
    • 庫内の湿度が低いため、商品の表面が乾燥しやすいので注意する。
      ⇒他の商品の臭いがつくのを防いだり、商品の表面が乾燥しないようにするには、アイスクリームをラップやポリ袋に包んでから冷凍庫に入れるのがおすすめです。
    • 残ったアイスクリームを保存するには、アイスクリームの表面を平らにし、密封して保管する。
      ⇒アイスクリームの表面に凹凸があると、乾燥しやすくなりますのでご注意ください。
    • 一度溶けたアイスクリームは、再度凍結しても元に戻らないので再凍結はしない。
      ⇒アイスクリームがいったん溶けて再凍結すると、氷の結晶が大きくなり、シャリシャリしてアイス本来の滑らかさや風味を損ねる場合もあります。開封後はなるべく早くお召し上がりください。
      冷凍庫からアイスクリームを出したり入れたり、またそれを繰り返しますと、アイスクリームの品質を維持できなくなります。

    アイスクリームがシャリシャリしているのですが、大丈夫ですか?

    答え

    お体には影響はございませんが、おいしくお召し上がりできないと思われますのでお勧めできません。

    アイスクリームがシャリシャリしている場合、一度溶けて再凍結した可能性が考えられます。
    再凍結すると、氷の結晶が大きくなるため、アイスクリーム本来の滑らかさが失われ、食感がシャリシャリしてしまいます。

    お体には影響はございませんが、おいしくお召し上がりできないと思われますのでお勧めできません。

    「乳化剤」とはどんなものですか?

    答え

    ひとことで言うと、滑らかなアイスクリームの組織を作るための働きをします。

    水相の系に油相の系を入れて分離した状態を均一に分散させ安定化させることを「乳化」と言います。
    アイスクリームミックス中の乳化剤の働きは、油脂分を細かく均一に分散し、各成分の混ざり方を安定させて泡立ちを良くし、気泡を細かくする働きがあります。
    この乳化剤によって、滑らかなアイスクリームの組織を作られるのです。
    添加率は、一般的には0.1%~0.3%程度です。

    <主な乳化剤>

    • グリセリン脂肪酸エステル…主にアイスクリーム類
    • ショ糖脂肪酸エステル…主に液状ミックス

    アイスクリームの「安定剤」とはどんなものですか?

    答え

    アイスクリームの滑らかな組織を作り、また貯蔵中の組織の変化を抑える働きがあります。

    アイスクリームの「安定剤」は、アイスクリームの滑らかな組織を作り、また貯蔵中の組織の変化を抑える働きがあります。 原材料は植物の種実、樹液や海藻などの天然物から抽出したもので、通常、商品特性に合わせて複数の安定剤を組み合わせて使用しております。

    添加率は一般的には0.1%~0.3%程度です。

    原材料からどんな安定剤ができているか、下にあげておきます。

    • 植物の種実…ローカストビーンガム、グァーガム、タマリンドガム
    • 植物の樹液…トラガントガム、カラヤガム、アラビアガム
    • 海藻…カラギナン、ファーセルラン、寒天
    • 果実…ペクチン
    • 動物…ゼラチン、カゼイン
Loading