ENTRY & MY PAGE

FromVietnam

生産系(生産技術)
ベトナム支社 生産部門

K.A

JOB DESCRIPTION

ベトナム国内の販売活動の責任を担っています。現地の工場で生産したキシリトールガムを一人でも多くのお客様に購入していただけるよう、戦略を練ります。さらに、ロッテ商品がベトナムで愛され、末永く購入していただくためのマーケティング活動も行っています。担当する仕事の幅が広いのが海外業務の特徴です。現在、約1,200名の現地販売スタッフがロッテベトナムで働いています。スタッフ全員にロッテのビジョンを浸透させ、会社の進むべき方向を示すのも私の大切な仕事です。日々目まぐるしく変化する東南アジア市場の先行きを予測し、10年後、20年後もベトナムで愛され続ける会社を目指しています。

ONE DAY

  • 7:30出社・メールチェック
    ベトナムの朝は早く、多くの企業は8時までに始業を迎えます。
    朝一番で「今日のやることリスト」を書き出します。また、毎日配信されるベトナム時事速報を見てニュースをチェックします。日本との時差が2時間あり、しばらくすると日本からのメールが続々と送られてきます。
  • 7:30朝礼・スローガンの唱和
    ロッテベトナムの始業時刻は7時30分です。毎週月曜日は会社のスローガンを全員で元気よく唱和し、前日までの売上確認、業務連絡を行います。スローガンはベトナム語で書かれており、「売上を達成しましょう!」「お客様が買いやすい売場を作りましょう!」「チームワークを大切にしましょう!」と書かれています。
  • 8:00陳列コンテストの審査・打合せ
    年に数回、マーケティングチームと企画した『社内陳列コンテスト』を実施します。社員がスーパーマーケットなどの店頭で強い営業力を発揮し、良い売場を競い合います。「お客様の目をひく売場かどうか」「会社が発信しているブランドのメッセージが伝わる売場かどうか」などが評価のポイントとなります。毎回約2,000件の応募の中から最高の10枚を選定します。
  • 10:00販売同行
    伝統流通のほとんどが個人経営の商店です。バイクに乗った現地販売スタッフが商店を一店舗ずつ訪問し、その場で商品と現金を交換する直接取引が基本スタイルです。その販売に同行し、市場の状況を肌で感じるのも、非常に大切な仕事です。太陽が昇り、暑くなる前が勝負です!
  • 12:00昼食
    ベトナム風つけ麺(ブンチャー)をよく食べます。あのオバマさんが来越した際に訪れた店も近くにあり、毎日賑わっています。炭火で焼いた豚バラ肉の薄切りとつくねを甘酸っぱいタレに入れ、米の細麺ブンと一緒に食べるハノイの名物料理です。
  • 14:00CM撮影 立ち合い
    キシリトールガムのテレビコマーシャルの撮影現場に立ち会うこともあります。ブランドのメッセージを短い時間で視聴者に分かりやすく伝えるために、広告代理店と打合せを綿密に重ねます。撮影当日は1日がかりになることが多く、ベトナム人女優の迫真の演技に目を光らせます。
  • 17:30社員との飲み会
    朝が早い分、夜は仕事が終わったらよく飲みに行きます。ベトナム人はお酒を飲むのが好きです。ベトナム北部はウォッカ、南部はビールをこよなく愛し、「モッ、ハイ、バー!(=1、2、3!)」の掛け声に合わせて一緒に乾杯します。販売スタッフや得意先とお酒を交わしながら、コミュニケーションをとることも大切です。

ABOUT VIETNAM ベトナムってこんなところ!

人口約9,300万人、南北に長いベトナムは国民の平均年齢が29歳であり、若くて活気のある国です。
ベトナムには大きく分けて2種類の流通形態が存在します。一つはパパママストアと言われる個人商店中心の伝統流通。もう一つはスーパーやコンビニエンスストアなどの近代流通です。ベトナムでは伝統流通が市場の約8割を占めており、ロッテが管理している数は30万件にのぼります。その小売店一店舗ずつ現地販売スタッフがバイクで営業に向かいます。1996年に設立したロッテベトナムは、早くからマーケットに参入し、ガムの製造・販売を続けてきました。その努力が実を結び、ベトナムではキシリトールガムの認知度が非常に高く、20代の認知率は約95%を誇っています。

プライベートの過ごし方

社員とサッカー

ベトナムでもサッカーは人気のスポーツです。地方出張の機会も多く、終業後に各地の販売スタッフとボールを蹴ることがあります。ユニフォームを用意しているエリアや、定期的に練習しているエリアもあり、本格的に体を動かします。言葉は通じずとも、ボールを介して意思疎通を図ることができます。

学生のみなさんへメッセージ

ロッテは若いうちからチャレンジをさせてくれる会社です。会社に入ると高い壁にぶつかったり、失敗をして自信を失ったりすることが何度もあります。しかし、それを乗り越えることで人は少しずつ成長することができます。是非みなさんも失敗を恐れずに色んなことにチャレンジしてください。応援しています!