チューインガムができるまで

何でできているの? ~チューインガムの原材料~

チューインガムのおもな原材料は、この3つです。それぞれの原材料がたすけあって、おいしいチューインガムをつくっているのです。

1.ガムベース ~噛み心地を決めるもの~

ガムベース:チクル

チューインガムを噛んだ後に残る部分をガムベースといいます。その原材料の一つである植物性樹脂は、中南米や東南アジアに生える特定の樹木から採取されます。代表的なものが、サポディラの木の樹液を煮つめてかためた天然チクルです。

2.甘味料 ~あまさを決めるもの~

甘味料:キシリトール

ガムベースはそのままでは味がありません。ガムのあまさは、いろいろな甘味料であとから付けられます。砂糖のほか、虫歯になりにくい「キシリトール」も甘味料のひとつです。

3.香料 ~かおりをつけるもの~

香料:ペパーミント

かおりをつけるためには、香料を使っています。すっきりとしたかおりには天然ハーブであるペパーミントなどを、フルーティなかおりには果物からとりだした植物精油を加えたりします。いくつかの香料を混ぜることで、いろいろなかおりをつくりだすことができます。

次へ