有識者ダイアログDIALOGUE

有識者ダイアログ MKIAKO AKABANE RUMI IDE YUKI URAGO JUNUCHI MIZUO

㈱ロッテでは、2018年より外部有識者の方をお招きし、ダイアログを実施しています。ダイアログでは、サステナビリティへの取り組みについて忌憚のないご意見や今後に向けたアドバイスをいただき、活動に反映しています。2021年は2020年に引き続き、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、オンラインにて実施しました。

様々な活動が着実に進んでいると評価しています

あらゆる活動に対して誠実に取り組み、着実に進んでいると評価しています。サステナビリティレポートでの情報開示も毎年分かりやすくなっています。今後も、自信を持って開示していくべきです。発信していくことで、自分たちが気づくこともあると思います。特に2020年はコロナ禍によるパラダイムシフトが起こる中で、どのような変革が起きたか、難しかったことも含めて、発信すると良いと思います。
開示に関しては、海外の人材に関するデータの拡充が望まれます。人事データの集計基準は国内外で異なり難しい面もありますが、労災に関するデータなど、優先順位の高いものから開示に取り組んでほしいです。また、海外子会社の取り組みをもっと開示してほしいです。インドネシアにおけるムスリムへの配慮など、地域によって異なる課題への対応について、詳しく開示してほしいと思います。
「持続可能な調達」は、環境問題、人権、コミュニティ面が複合的に関わっている分野です。パーム油の調達でRSPOと連携しているように、各領域での活動団体と提携するのも良いと思います。さらに、海外ではアニマルウェルフェアも注目を集めていますが、サプライヤーやNGO等とパートナーシップを組みながら、サプライチェーンのマネジメントについて検討していってほしいです。

顔写真
赤羽 真紀子 氏

CSRアジア株式会社 日本代表
赤羽 真紀子 氏

経歴:早稲田大学で政治学と生物学を修める。様々な業種の多国籍企業のCSR担当として通算10年以上の経験を有し、スターバックスコーヒージャパン㈱、㈱セールスフォース・ドットコム、日興アセットマネジメント㈱の各社で関連部署の立ち上げを手がける。2010年より現職

製品の調達ストーリーなど、どんどん発信してほしいです

ダイアログの参加は4回目ですが、一部製品で賞味期限の年月表示を開始するなど、ダイアログの内容が反映されていく様子を見ています。サステナビリティレポートでの開示に工夫も見られます。実績ハイライトのページはグラフ化されたことで、目標への進捗が非常に分かりやすくなりました。
食品ロス削減とコミュニティへの参画の観点で、フードバンクへの寄付を継続されていると思いますが、関わり方は製品の寄付に限りません。フードバンクの団体は、小さな団体であることも多く、寄付品を保管する場所がないという課題もあります。冷蔵庫や冷凍庫の一部を保管場所として提供するなど、新たな貢献も検討してほしいです。
SDGsの認知度が高まる中、消費者とのコミュニケーションの重要性も増しています。社内では当たり前になっていることも、社外には知られていないことが多いので、どんどん発信してほしいです。消費者との大きなコミュニケーションツールの1つになるのは、製品パッケージです。調達のストーリーを伝えたり、賞味期限と消費期限の違いを啓発したり、様々な活用法があると思います。ロッテだからできる発信を引き続き考えていってほしいです。

顔写真
井出 留美 氏

ジャーナリスト、食品ロス問題専門家
第2回食生活ジャーナリスト大賞(食文化部門)受賞者
井出 留美 氏

経歴:奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学 女子栄養大学大学院)、修士(農学 東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン㈱、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。東日本大震災の際に、食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した㈱office 3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導く。著書に『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』、『あるものでまかなう生活』など

ロッテが果たす役割の大きさを改めて感じています

2020年はコロナ禍で、社会全体が大変な年でした。ロッテには、工場にお勤めの方など在宅勤務ができないエッセンシャルワーカーの方もたくさんいると思います。食の安全・安心はもちろんのこと、従業員の健康など細心の注意を払いながら事業活動を継続するという、大変な日々が続いているのではないかと想像しています。自粛期間の長期化で、私自身も疲弊する場面もありましたが、そんな時お菓子を食べると気持ちが和みました。不安感がある社会情勢で、ロッテが果たす役割の大きさを改めて感じています。
様々な出来事がある中、2020年7月にはレジ袋が有料化されました。衛生意識の高まりで、使い捨てプラスチックは衛生的という意見もありましたが、エシカル消費やプラスチックごみへの注目は変わらず高まっています。特に高校生や大学生など若い世代の関心は、非常に高いと感じています。
2028年までに、「『噛むこと』を意識して実践している人の割合」を50%以上にする目標を達成するために、様々な取り組みや研究結果を、一層伝えていってほしいと思います。噛むことで連想することの1つは、チューインガムです。チューインガムで創業したロッテだからこそ、ガムを噛むときの新たなマナーや、新しい楽しみ方を発信するなど、工夫を続けてほしいと思います。

顔写真
浦郷 由季 氏

一般社団法人全国消費者団体連絡会事務局長
浦郷 由季 氏

経歴:大学卒業後、7年間の会社勤めの後、専業主婦として子育てをしながら生協の活動に関わる。生活協同組合ユーコープ、日本生活協同組合連合会の理事を経て、2017年5月より現職。厚生労働省、食品安全委員会、消費者庁、消費者委員会などの審議会等委員を務める※消費者団体の全国的な連絡組織で、くらしに関わる様々なテーマについて、審議会への委員参加やパブリックコメントの提出などを通じて消費者の立場から意見発信をしている

SDGS目標年までの9年間を有意義に使ってほしいです

「サステナビリティレポート2020」と比較して、非常に分かりやすくなりました。2020年は、コロナ禍もあり、SDGsの関心が非常に高まった年でした。様々な企業のSDGsを見る中で、表面的な取り組みなのか、本気で取り組んでいるのか、その差がクリアになってきたと感じた年でもありました。今後は、SDGsの169のターゲットへの貢献にも踏み込んだ取り組みを期待しています。
特に、食に関する目標やターゲットへは一層貢献できると思います。健康に寄与する製品はどのターゲットに貢献するのか、エビデンスをもとに価値創造のストーリーを開示してほしいです。また、製品のライフサイクルに関わる取り組みを、消費者とのパートナーシップという観点から推進してほしいです。消費者の社会課題への関心も高まっている中で、パッケージの廃棄に困る場面もあると思います。例えば、食べ終わった製品の容器を回収できないかなど、消費者とコミュニケーションを取りながら、一緒に新たな価値を創造する取り組みを期待しています。SDGsの目標年の2030年まで、9年あります。SDGsに真面目に取り組んでいるロッテだからこそ、時間を有意義に使い、更なる飛躍を遂げることを楽しみにしています。

顔写真
蟹江 憲史 氏

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授
蟹江 憲史 氏

経歴:慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。北九州市立大学助教授、東京工業大学大学院 社会理工学研究科准教授を経て、2015年より現職。2023年Global Sustainable Development Report執筆の15人の独立科学者の一人に国連事務総長から選出されている。2014年より国連大学サステイナビリティ高等研究所シニアリサーチフェロー、2020年より同非常勤教授を務める

ロッテならではの新しい価値創造を期待しています

昨年度からダイアログに参加していますが、良い形で進んでいると思います。野心的な目標が多く、パーパスが設定されている点も評価できます。次に設定してほしいのは、ビジョンです。特に、パンデミックによって在宅勤務などが普及したことで、会社とは何か再定義が必要だと思っています。これまでは出社していれば、自然と会社の一員になれるような錯覚があったと思いますが、これからは、どこにいても同じ目的を共有している集団であるべきです。会社の本来の意味が問われている時代だからこそ、ビジョンは、従業員の拠り所や働きがいの源泉となり、大きな役割を果たすと思います。
また、「従業員の能力発揮」では、従業員が創造的貢献をできる風土醸成も重要です。従業員にとって、自分の仕事が社会を良くしているという実感がモチベーション向上につながり、イノベーションが起こりやすい環境が作られます。ロッテは、身近な幸せと大きな幸せを実現できる会社だと思います。チョコレートを食べておいしいと感じると同時に、そのチョコレートでカカオ農家は生計を立てられるようになる。会社の内外のステークホルダーを大切にしながら、新しい価値を発揮し続けてほしいです。

顔写真
ピーター D.
ピーダーセン 氏

NPO法人 NELIS代表理事
大学院大学至善館教授
ピーター D.ピーダーセン 氏

経歴:デンマーク生まれ。コペンハーゲン大学文化人類学部卒業。1984年から日本での活動を開始。2000年に(株)イースクエアを共同創業、代表取締役社長に就任。2011年同社共同創業者に。2014年からは(株)トランスエージェント内リーダーシップ・アカデミーTACL 代表に就任。2015年には(一社)NELIS 次世代リーダーのグローバル・ネットワークの共同代表に就任。2019年より大学院大学至善館教授を務める。2020年より現職

ダイアログを受けて:

持続可能な社会の実現に向けて、私たちに期待されていることに着実に取り組んでまいります

今年もステークホルダーを代表して5名の外部有識者の方々とダイアログを実施いたしました。私たちの1年間の活動結果を客観的にご評価いただき、さらにこうしたら良いのにとのアドバイスをいただける大変貴重な機会だと実感しております。例えば前回のダイアログでは、強く活発な組織を作るにはパーパスが重要とのご助言をいただき、昨年策定いたしました。折しもコロナ禍で従業員が自社の存在意義を再認識し、社会に提供すべき価値を見つめ直す良いきっかけになりました。
今回もたくさんのご指摘とエールを頂戴いたしました。コロナ禍を経験し世の中がSDGsへの関心を高めたため、本気で取り組んでいる企業とそうでない企業が見抜かれているとのご指摘には背筋が伸びる思いでした。またお菓子やアイスは身近な幸せと大きな幸せの両方を叶えられるのだから、もっとその価値をPRすべきと言われ、大変勇気が湧きました。
持続可能な社会の実現に向けて、私たちに期待されていることに着実に取り組んでまいります。

顔写真
坂井 建一郎
株式会社ロッテ 上席執行役員

サステナビリティ

有識者ダイアログ MKIAKO AKABANE RUMI IDE YUKI URAGO JUNUCHI MIZUO

㈱ロッテでは、2018年より外部有識者の方をお招きし、ダイアログを実施しています。ダイアログでは、サステナビリティへの取り組みについて忌憚のないご意見や今後に向けたアドバイスをいただき、活動に反映しています。2020年は新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、オンラインにて実施しました。

(注) 有識者の掲載は五十音順、肩書と経歴は当時のものです

目標ごとに詳細な記載があり、透明性や誠実性を感じます

すべてのマテリアリティに真伨な姿勢で取り組んでいて、好感を持っています。目標ごとに実績や主な取り組みについて、詳細な記載があり、透明性や誠実性を感じます。今後は、取り組みがまだ十分でない内容についても、方針や計画などを開示することで、さらに情報開示が拡充されることを期待しています。また、様々な施策の苦労話や裏話も紹介してはいかがでしょうか。例えば、「食の安全・安心」では、国際基準に加えて独自の基準を設定しようとしています。先進的な取り組みだけに、試行錯誤した点なども、積極的に伝えてほしいです。「従業員の能力発揮」の女性活躍では、風土改革が遅れていたと自己反省を開示しています。真伨に取り組んでいるからこその気づきだと思います。他社の参考にもなり、社会全体への波及も期待できます。
「持続可能な調達」では、フェアカカオプロジェクトを進められていますが、カカオ豆は熱帯性の植物で、生産地の多くは発展途上国や最貧国で、世界中の消費者や人権団体が注目している領域です。買い付け元など、一歩踏み込んだ情報を開示することで、活動の説得力が増すと思います。

顔写真
赤羽 真紀子 氏

CSRアジア株式会社 日本代表
赤羽 真紀子 氏

早稲田大学で政治学と生物学を修める。様々な業種の多国籍企業のCSR 担当として通算10年以上の経験を有し、スターバックスコーヒージャパン㈱、㈱セールスフォース・ドットコム、日興アセットマネジメント㈱の各社で関連部署の立ち上げを手がける。2010年より現職

リコールの情報や内部通報などについても、開示している点が評価できます

2018年からダイアログに参加していますが、活動が年々充実してきていると感じています。サステナビリティレポートの情報も透明性が高まっており、リコールの情報や内部通報などについても、開示している点が評価できます。
「食と健康」の中で、食育に力を入れていくのは良いことだと思います。現在は、小学校の社会科見学を中心に受け入れていると聞いていますが、児童養護施設やひとり親家庭など福祉の視点も取り入れて、学びの機会をさらに多くの子どもたちに広げてほしいです。加えて、食育を通じて様々なことを伝えられると思います。例えば、賞味期限に関する正しい知識を伝えることは、食品ロスの削減にもつながります。また、カカオ豆の栽培からチョコレートの製造までの工程について伝えることができれば、子どもたちが社会や世界に目を向けるきっかけを提供できると思います。
「環境」について、再生可能エネルギーの積極的な活用については、素晴らしいと思いました。欧州の事例には、食品廃棄物をオフィスビルの電気など、再生可能エネルギーにリサイクルし、資源として活用しているケースもあります。これからも一層の取り組みを期待しています。

顔写真
井出 留美 氏

ジャーナリスト、食品ロス問題専門家
第2回食生活ジャーナリスト大賞(食文化部門)受賞者
井出 留美 氏

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学 女子栄養大学大学院)、修士(農学 東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン㈱、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。東日本大震災の際に、食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した㈱office 3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導く。著書に『賞味期限のウソ 食品ロスはなぜ生まれるのか』、『あるものでまかなう生活』など

正しい情報を、様々な場面で発信していくことが重要だと思います

ダイアログの参加は3回目ですが、サステナビリティ活動は確実に進んでいると思います。「食の安全・安心」については、従来から高い水準で取り組まれている印象です。FSSC22000は、十 分に質の高い認 証ですが、さらにLOTTE ADVANCEを導入して、品質向上を図る姿勢が素晴らしいと思います。システムを取り入れるだけでなく、それが運用・確認できる体制を目指していることも、評価できます。
食は消費者の関心が最も高い分野の一つですが、科学的根拠に基づかない情報も多く出回っている状況です。日頃のコミュニケーションや食育活動、工場見学などを通じて、正しい情報を発信していくことは重要だと思います。特に、機能性表示食品については、品質保証をしっかりと行った上で、消費者の誤解を生まないような発信を引き続き意識してほしいと思います。
また、食品ロスも近年急速に関心が高まっていますが、業界の構造的な課題もあり、難しいテーマです。また、フードバンクなどの活動も以前よりは活発になっていますが、ボランティアが中心で体制はまだまだ十分とは言えません。事業者や行政がもっと協力して取り組んでほしいと思います。

顔写真
浦郷 由季 氏

一般社団法人全国消費者団体連絡会事務局長
浦郷 由季 氏

大学卒業後、7年間の会社勤めの後、専業主婦として子育てをしながら生協の活動に関わる。生活協同組合ユーコープ、日本生活協同組合連合会の理事を経て、2017年5月より現職。厚生労働省、食品安全委員会、消費者庁、消費者委員会などの審議会等委員を務める※消費者団体の全国的な連絡組織で、くらしに関わる様々なテーマについて、審議会への委員参加やパブリックコメントの提出などを通じて消費者の立場から意見発信をしている

事業活動とSDGsの各ゴールを結び付け、しっかりと発信することが重要です

マテリアリティマップや3つのステップ、ESG中期目標は、非常に分かりやすいです。それぞれのマテリアリティに、貢献するSDGsが特定されていますが、実際にはより複合的に、様々なゴールに貢献していると思います。例えば、「持続可能な調達」は、貧困の解決や教育の普及にも貢献していないか、掘り下げて考えてみることもできると思います。
企業がSDGsの達成に貢献していく上で重要なのは、事業活動とSDGsの各ゴールを結び付け、しっかりと発信することです。例えば、チョコレートを食べることで国際NGOを通してカカオの産地を支援できるなど、製品がある社会課題の解決に貢献しているかどうかは、消費者の購買行動にも影響を与えると思います。特に、若い世代は、東日本大震災や新型コロナウイルス感染症の蔓延を経験して、社会の連帯感や助け合いの重要性を感じている人が多く、エシカル消費もますます増えると思います。
また、アフターコロナという言葉が注目を集めています。感染拡大防止のために行っている在宅勤務やWEB会議などを、収束後に新しい働き方として定着させ、労働生産性の向上につなげられることを期待しています。

顔写真
蟹江 憲史 氏

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 教授
蟹江 憲史 氏

慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科後期博士課程修了。博士(政策・メディア)。北九州市立大学助教授、東京工業大学大学院 社会理工学研究科准教授を経て、2015年より現職。2013年度からは、環境省環境研究総合推進費戦略研究プロジェクトS-11(持続可能な開発目標とガバナンスに関する総合的研究プロジェクト)プロジェクトリーダーを3年間努めた。2014年より国連大学サステイナビリティ高等研究所シニアリサーチフェロー、2020年より同非常勤教授を務める

競争力向上のための取り組みは、もっと開示を充実させるべきです

マテリアリティやESG中期目標を拝見して、全体的に真っ当で、重要なポイントも押さえられていると思います。マテリアリティ策定にあたっても、しっかりとガイドラインを使用していて評価できます。
企業は価値を創造して、評価されて、発展していく存在です。そのためサステナビリティ活動は、網羅性、マテリアリティ、競争力の3つが重要だと考えています。競争力向上のための取り組みは、もっと開示を充実させるべきです。例えば、咀嚼についてです。ガムで創業した会社ならではの視点で、健康とのつながりも明らかになっていることから高齢化社会でも非常に注目されています。そのことをしっかりと訴求することで、従業員も強みであることに気づき、新たなアイデアも出しやすくなると思います。
「従業員の能力発揮」については、働きがいを感じている社員割合は決して高いとは言えません。強く活発な組織を作るためには、パーパスが重要だと考えています。従業員参加型でパーパスを策定するなど、一体感を持った上で、イノベーションの生まれやすい自己変革ができるような強い組織を目指してほしいです。

顔写真
ピーター D.
ピーダーセン 氏

一般社団法人NELIS 共同代表
大学院大学至善館 教授
ピーター D.ピーダーセン 氏

デンマーク生まれ。コペンハーゲン大学文化人類学部卒業。1984年から日本での活動を開始。2000年に㈱イースクエアを共同創業、代表取締役社長に就任。2011年同社共同創業者に。2014年からは㈱トランスエージェント内リーダーシップ・アカデミーTACL 代表に就任。2015年からは(一社)NELIS 次世代リーダーのグローバル・ネットワークの共同代表に就任。2015年より現職。2019年より大学院大学至善館教授を務める

ダイアログを受けて:

私たち自身の価値を見つめ直し、取り組みや発信に活かすべきだと再認識いたしました

ダイアログを通して、皆様から当社に対する強いご期待を感じ、改めて気持ちを引き締めてまいります。ご指摘いただきましたように、フレームワークや先行事例に学びながら取り組みを進めると、どうしてもロッテらしさに欠けがちになってしまいます。やはり私たち自身の価値を見つめ直し、取り組みや発信に活かすべきだと再認識いたしました。特に「食と健康」は、私たちが大切にしてきたロッテバリューを具現化するテーマであり、私たちにしかできない取り組みを加速させることで、皆様のご期待に応えられるよう努めてまいります。
また、新型コロナウイルス感染拡大はサステナビリティにも大きな影響を与えました。在宅勤務など新しい働き方が半ば強制的に始まり、一気にスタンダードとなる転換期となっています。このように世の中が不安定な状況下においても、私たちのお菓子やアイスクリームが皆様の心と身体の癒しに少しでも貢献できていると実感しています。これからも世の中から必要とされる会社でいられるよう、サステナビリティへの取り組みをさらに推進してまいります。

顔写真
坂井 建一郎
株式会社ロッテ 上席執行役員 経営戦略本部長

サステナビリティ

有識者ダイアログ MKIAKO AKABANE RUMI IDE YUKI URAGO JUNUCHI MIZUO

2019年4月、5つのマテリアリティと新たに策定した「ESG中期目標」について、社外のご意見を伺うため、有識者4名とダイアログを開催しました。各人より、それぞれの視点から、㈱ロッテのサステナビリティの取り組みへの評価や、今後に向けたアドバイスを頂戴しました。

(注) 有識者の掲載は五十音順、肩書と経歴は当時のものです

非常に分かりやすい、
マテリアリティと「ESG中期目標」だと評価しています

新たに策定された「ESG中期目標」は、5つと簡潔にまとまっていて、非常に分かりやすいです。「持続可能な調達」では、カカオ豆、パーム油、紙と、重要な3点を挙げられている点が評価できます。特に、カカオ豆やパーム油など、一次産品のトレーサビリティは、食の安全・安心に加えて、持続可能な調達の観点からも大切なので、目標達成に向けて引き続き注力してほしいです。今後のアドバイスとして、環境や人権への配慮だけでなく、アニマルウェルフェアの観点からもサプライチェーンのマネジメントができるよう整えてほしいです。品質については、海外を含む全工場で認証を取得できていることは、とても素晴らしいことだと思います。「食の安全・安心」の中で掲げられている、ロッテ独自の新品質保証システムにも期待しています。今回、サステナビリティレポートを刷新させると聞いていますが、様々な取り組みを一層開示してほしいです。例えば、取り組みめたばかりの内容でも開示することで、社内外の対話をより活発なものにしてほしいです。

顔写真
赤羽 真紀子 氏

CSRアジア株式会社 日本代表
赤羽 真紀子 氏

早稲田大学で政治学と生物学を修める。様々な業種の多国籍企業のCSR担当として通算10年以上の経験を有し、スターバックスコーヒージャパン㈱、㈱セールスフォース・ドットコム、日興アセットマネジメント㈱の各社で関連部署の立ち上げを手がける。2010年より現職

社内浸透も進めながら、目標達成を目指してほしいです

政府目標よりも前倒しの数値目標を立てられており、評価できます。一般的に、環境に関する目標は中長期的で、すぐに成果が出るものではありませんが、継続的に取り組んでほしいです。そのため、社内浸透を進めることも重要です。私自身の経験から、①様々な社内ツールを活用し、定期的に伝えることと、②財務的メリットを合わせて伝えることが、有効だと考えています。②の例として、食品ロスの削減は、コスト削減にもつながることが挙げられます。また、懇親会での3010運動など、社員が気軽にできることから意識付けすることも有効的だと思います。
「環境」について、昨年のダイアログでも申し上げた通り、まずはリデュースを意識して3Rを進めてほしいです。特に、海外での廃棄も減らすことで、SDGsの「誰一人取り残さない」を実践してほしいと思います。また、自然災害は避けられなくなっているため、避難所のQOL 改善に役立つ製品の開発や食べ方の提案なども期待しています。「従業員の能力発揮」では、社員の健康に関する指標も設けるなど、積極的に取り組んでほしいです。

宴会などで、「 乾杯後30分」と「お開き10分前」は料理を楽しみ、食品ロスを減らす運動

顔写真
井出 留美 氏

第2回食生活ジャーナリスト大賞(食文化部門)受賞者
井出 留美 氏

奈良女子大学食物学科卒、博士(栄養学 女子栄養大学大学院)、修士(農学 東京大学大学院農学生命科学研究科)。ライオン㈱、青年海外協力隊を経て日本ケロッグ広報室長等歴任。東日本大震災の際に、食料支援で食料廃棄に憤りを覚え、誕生日を冠した㈱office3.11設立。日本初のフードバンクの広報を委託され、PRアワードグランプリソーシャルコミュニケーション部門最優秀賞へと導く。著書に、『賞味期限のウソ食品ロスはなぜ生まれるのか』

より多くの方にロッテの魅力を知っていただくためにも、
ロッテならではの取り組みを発信してほしいです

全体を通して分かりやすく、目標達成の見通しが立っていることが伝わってくる内容と評価しています。「食の安全・安心」は、消費者にとって大切なテーマなので、引き続き取り組んでほしいです。特に、生産現場で当たり前にできていることと、それをきちんと検証することが重要です。一方で、食品は様々なリスクがつきものです。消費者とのコミュニケーションは、店頭を活用することが非常に有効だと思うので、今後も意識してほしいです。「食と健康」については、食育を様々な場でこれからも展開していき、体験型など記憶に残りやすい方法で進めていってほしいです。 マテリアリティの取り組みを推進し、より多くの方にロッテの魅力を知っていただくためにも、ロッテならではの取り組みを発信してほしいです。
例えば、「噛むこと研究室」を設置されていますが、噛むことの効果を高齢者をはじめ多くの方に伝えることは、健康寿命延長への貢献につながるのではないでしょうか。「持続可能な調達」の観点では、カカオ豆の取り組みなど、もっと積極的に開示することが重要です。

顔写真
浦郷 由季 氏

一般社団法人全国消費者団体連絡会事務局長
浦郷 由季 氏

神奈川大学経済学部卒業。7年間の会社勤めの後、専業主婦として子育てをしながら生協の活動に関わる。生活協同組合ユーコープ、日本生活協同組合連合会の理事を経て、2017年5月より現職。厚生労働省、食品安全委員会、消費者庁、消費者委員会などの審議会等委員を務める※消費者団体の全国的な連絡組織で、くらしに関わる様々なテーマについて、審議会への委員参加やパブリックコメントの提出などを通じて消費者の立場から意見発信をしている

正しいステップを踏んで、
マテリアリティの策定ができていると評価できます

正しいステップを踏んで、マテリアリティの策定ができていると評価できます。現在掲げられている課題の他には、プラスチックごみの問題が世界的な関心を集めています。ロッテとしての対応を今後検討してほしいです。
5つのマテリアリティを策定されていますが、事業活動の担い手は従業員であり、「従業員の能力発揮」はすべての基盤となる最重要の活動と捉えるべきです。「健康経営優良法人2019~ホワイト500~」にも認定されていますが、健康経営をさらに進め、従業員満足度を上げてほしいです。また、2016年にダイバーシティを推進する部署「いきいき活躍推進課」を設置されていますが、取り組みや成果について社内外へ報告されることを期待しています。特に、男性の育児休業取得の文化・風土を作ってほしいと思います。男女問わず、様々なライフステージでも活躍できる企業となることで、組織の価値も上がり、就職を考えている学生にとっても、より注目される企業になると思います。トップの強いリーダーシップのもと、進められることを期待しています。

顔写真
水尾 順一 氏

駿河台大学名誉教授・博士(経営学)、株式会社ダイセル社外監査役、株式会社西武ホールディングス企業倫理委員会社外委員
水尾 順一 氏

㈱資生堂から駿河台大学教授を経て、2018年3月末退職、現在に至る。日本経営倫理学会副会長、㈱西武ホールディングス企業倫理委員会社外委員、一般社団法人経営倫理実践研究センター首席研究員、2010年ロンドン大学客員研究員他。著書『サスティナブル・カンパニー~「ずーっと」栄える会社の事業構想』㈱宣伝会議など多数

ダイアログを受けて:

力強く「ESG中期目標」達成を推進してまいります

サステナビリティへの取り組みを加速させるために、「ESG中期目標」を新たに掲げました。今年度より目標達成に向け、具体的なアクションをスタートさせたところです。今回のダイアログでは、私どもの目指す方向性が社会からの期待に添うものであるとのご意見をいただきましたので、目標達成に向けて力強く推進してまいります。
一方で、具体的なアクションに関するヒントやアドバイス、また、私どもがまだ手を付けられていない課題など、沢山の貴重なご助言やご意見をいただきました。特に、プラスチックごみの問題については社会からの注目度も高く、今後の方向性について社内の議論を深めてまいります。その他のご助言やご意見についても引き続き検討するとともに、今後も定期的にダイアログを実施し、社外からの忌憚のないご意見に傾聴しながら取り組んでまいります。

顔写真
坂井 建一郎
株式会社ロッテ 上席執行役員 経営戦略本部長

サステナビリティ